メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「夫婦別姓。僕は賛成だ」と小沢一郎さんは言った

元参院議員・円より子が見た面白すぎる政治の世界⑧剛腕・小沢さんのもうひとつの顔

円より子 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

総務会は通ったが、扇千景さんが反対し……

 次のヤマ場は総務会。総務会で決定してくれないと議員立法は出せない。審議する日程が決まり、説明に参上したが、残り3分になっても夫婦別姓は議題にものぼらない。総務会長の神崎武法さんが言った。

新進党の神崎武法総務会長=1997年1月23日拡大新進党の神崎武法総務会長=1997年1月23日
 「円さん、せっかく1時間待ってもらって悪いけど、次回にしてくれませんか」と。次回は2週間後である。国会開会中に出して審議する時間がない。今日、決めてもらいたい。私は立ち上がった。

 「総務会長。何か月も賛成・反対の両論を聞いて人権部会で議論してきました。多くの女性がこの法案を待っています。いつ解散総選挙があってもおかしくない今、新進党は女性を敵にまわしていいんでしょうか。今、ここでお決めくださいませんか」

 神崎さんはぐるりと左右の議員たちを見渡した。

 「円さんがこう言ってますが、みなさん、どうしますかね」

 「人権部会の議員立法に賛成」

 「円さんの意見に賛成」

 あちこちから声があがる。

 「それでは、人権部会提案の選択制夫婦別姓法案の提出の決をとります。賛成者は挙手願います」

 全員の手があがった。

 ホッとしたのもつかの間、次なる障害が待ち受けていた。法案を新進党の参議院の会派である平成会で出そうというとき、再び待ったがかかったのだ。

 反対したのは、 ・・・ログインして読む
(残り:約1935文字/本文:約6436文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

円より子

円より子(まどか・よりこ) 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

ジャパンタイムズ編集局勤務後、フリージャ―ナリスト、評論家として著書40冊、テレビ・講演で活躍後、1992年日本新党結党に参加。党則にクオータ制採用。「女性のための政治スクール」設立。現在までに100人近い議員を誕生させている。1993年から2010年まで参議院議員。民主党副代表、財政金融委員長等を歴任。盗聴法強行採決時には史上初3時間のフィリバスターを本会議場で行なった。

円より子の記事

もっと見る