メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

いま起きているのはナショナリズムの衰弱だ

ナショナリズムは高まっていない。むしろ病んで衰弱し発熱しているのだ

大野博人 元新聞記者

「よそ者」を国内で設定し求心力を得る

 経済のグローバル時代に入って、国民国家の力と権威は低下し続けた。それと軌を一にしてナショナリズムも人々を統合する力を失いつつある。

・・・ログインして読む
(残り:約457文字/本文:約2496文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

大野博人

大野博人(おおの・ひろひと) 元新聞記者

朝日新聞でパリ、ロンドンの特派員、論説主幹、編集委員などを務め、コラム「日曜に想う」を担当。2020年春に退社。長野県に移住し家事をもっぱらとする生活。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

大野博人の記事

もっと見る