メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

仏エリートの牙城の廃止を提唱したマクロンの勝算

黄色いベスト運動でENA廃止を提唱。格差の元凶、エリート支配は一掃されるか?

山口 昌子 在フランス・ジャーナリスト

拡大マクロン仏大統領が開いた初の記者会見=2019年4月25日、エリゼ宮(筆者撮影)

権力の苗床・ENAを廃止を打ち出したマクロン

 マクロン大統領ら政府の指導層を形成する富裕層に対する貧困層「黄色いベスト」の挑戦、フランスの“南北戦争”と言われる戦いは、目下のところ、「黄色いベスト」側の敗色が濃い。第26回目の5月11日の参加数は全国で1万8600人、パリで1200人(内務省発表と過去最低だった。

 「ブラック・ブロック」と呼ばれる正体不明の暴力集団の参加に嫌気がさしたうえ、5月1日のメーデーで、「赤」、すなわち共産党系である主要労組・労働総同盟(CGT)との共闘デモに参加したばかりで、デモ疲れをしていたことなどが理由に挙げられている。

 マクロンによる「黄色いベスト」への回答に満足していることも、ごく少数だが理由として挙げられている。その回答のひとつが、「権力の苗床」ともいわれる高級官僚養成所、国立行政院(ENA)の廃止だ。

初の記者会見でエリート支配の一掃を明言

拡大AlexLMX/shutterstock.com
 マクロンは4月25日、エリゼ宮(大統領府)で記者会見し、「黄色いベスト」への回答を探すため、昨年暮れから今年3月中旬までフランス全土で実施した「大討論会」の結論を発表した。もともとは4月15日夜のラジオやテレビで発表する予定だったが、「ノートルダム炎上」の大悲劇で延期された。

 マクロンが、外国元首などと行う共同会見のほかに、内政に限った記者会見をエリゼ宮で行うことはほぼ皆無だ。2017年5月の大統領就任以来、この日の会見が初の本格的な記者会見だった。彼の記者会見嫌いは、記者からの厳しい質問を回避するためとも言われている。マクロンが「ジュピター(ローマ神話に登場する天地至高の神)」とのあだ名を奉られているのは、大統領に当選後、第一声を放ったルーブル美術館前での荘厳な演出や、上から目線的なエリート臭の強い言動にくわえ、記者会見をしないことも根拠に数えられている。

 この日は、「黄色いベスト」の不満、不平、不安の要因である「社会格差」に対し、主として税金問題で種々の減税を発表した。ただし、「大討論会」でも指摘された富裕層に対する特別税である「富裕税」の復活は拒否。「ロッシルド(ロスチャイルド)銀行出身の金持ちの味方・マクロン」という印象は変わることがなかった。

 ただ、「黄色いベスト」の不満のひとつである「格差」に関しては、「格差」を生み出す元凶のひとつでもある「ENA」の「廃止」を明言した。それだけではない。「大機構」と呼ばれる国家の主要機関、つまりENA出身の高級官僚が取り仕切る会計検査院や参事院(法制局と最高行政裁判所が合併した組織)、財政視察監視官、高等鉱山学院(MINES、ポリテクニックの成績上位数人が進級可の理工科系の超エリート校)などの廃止の検討にも言及した。要は、エリート支配を一掃するというわけだ。ちなみにマクロン自身は、ENA及び財政視察監視官出身だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在フランス・ジャーナリスト

産経新聞パリ支局長を1990年から2011年までつとめる。著書に『ドゴールのいるフランス』(河出書房新社)、『フランス人の不思議な頭の中』(KADOKAWA)、『原発大国フランスからの警告』(ワニブックスPLUS新書)、『フランス流テロとの戦い方』(ワニブックスPLUS新書)、『ココ・シャネルの真実』(講談社+α新書)、『パリの福澤諭吉』(中央公論新社)など。ボーン・上田記念国際記者賞、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞。

山口 昌子の記事

もっと見る