メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

逆風に沈んだ麻生首相、未熟だった理念の鳩山首相

平成政治の興亡 私が見た権力者たち(16)

星浩 政治ジャーナリスト

拡大会見で新内閣の閣僚名簿を発表する麻生首相=2008年9月24日、首相官邸

福田首相の突然の退陣

 2008(平成20)年9月1日、福田康夫首相が突然、退陣を表明。自民党内は動揺した。衆院議員の任期満了まで1年。その間には解散・総選挙がある。このままで選挙が戦えるのか。小沢一郎代表が率いる民主党に政権を引き渡すことになるのではないか。そんな不安が自民党をおおっていた。

 福田氏は「総選挙の顔」として麻生太郎・自民党幹事長を後継首相に推していたが、自民党内では異論も多かった。麻生氏に対抗して石原伸晃、小池百合子、石破茂、与謝野馨の各氏がそれぞれ20人の推薦人を得て、名乗りを上げた。総裁選の日程は9月10日告示、22日投票になった。

 その最中、世界経済を揺るがす出来事が起こる。リーマン・ショックである。9月15日、米国の金融市場の混乱を受けて、大手証券会社リーマン・ブラザーズが経営破綻。影響は世界中に広がり、日本も例外ではなかった。

衆院解散を先送りした麻生首相

拡大街頭演説でそろって手を挙げる自民党総裁選の候補者=2008年9月13日、大阪市中央区
 その混乱のなか、行われた総裁選(国会議員と地方代表が参加)の投票結果は、麻生氏351票▽与謝野氏66票▽小池氏46票▽石原氏37票▽石破氏25票。麻生氏の圧勝だった。

 麻生氏は24日に召集された臨時国会冒頭で首相に指名され、同日中に麻生内閣が発足した。官房長官には、麻生氏と文教族仲間の河村建夫氏が起用された。また、少子化担当相に小渕優子氏、消費者担当相に野田聖子氏、農水相に石破茂氏など、総選挙を意識して人気の高い閣僚が並んだ。自民党幹事長には幹事長代理だった細田博之氏が昇格した。

 リーマン・ショックの影響で株価は低迷。米国のブッシュ(子)大統領から、主要先進国に中国、インドなどの新興国を加えた「G20」を創設し、世界経済の立て直し策を話し合いたいという提案が寄せられた。「G20」は11月15日にワシントンで初会合を開くことになった。麻生首相は経済対策を重視し、解散の先送りを決定。福田氏が想定していた早期解散による政局の転換はできなくなった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

星浩

星浩(ほし・ひろし) 政治ジャーナリスト

1955年福島県生まれ。79年、東京大学卒、朝日新聞入社。85年から政治部。首相官邸、外務省、自民党などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、オピニオン編集長などを経て特別編集委員。 2004-06年、東京大学大学院特任教授。16年に朝日新聞を退社、TBS系「NEWS23」キャスターを務める。主な著書に『自民党と戦後』『テレビ政治』『官房長官 側近の政治学』など。

星浩の記事

もっと見る