メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

玉城デニー知事&元山仁士郎さん、いいなあ

4月25日(木) 早起きして諸準備。横浜の某所できわめて重要な取材。わずか30分だったが神経を集中したのでとても疲れた。何と言うかなあ。極限的な状況認識を維持したままだった。

 午前11時21分、ゴーン前会長の保釈を認めるとのニュース速報が入る。保釈金5億円。今日中に保釈されることになるだろうとの見通し。その後、国際文化会館でノンフィクション作家・保阪正康さんへのインタビュー取材。

 その後、渋谷に移動。打ち合わせ。時間が少しばかりできたので、新宿のニコンプラザで岩根愛さんの写真展「KIPUKA」に飛び込んで観る。これは実にスケールの大きな渾身の仕事だ。福島→日系ハワイ移民→盆踊りの継承→福島第一原発の過酷事故→避難民という名の追放→盆踊りの継承……まるでガルシア・マルケスの小説みたいな想像力の拡がりではないか。ハワイと福島が盆唄によって数世代にわたり繋がっているのだ。

 18時から早稲田大学での玉城デニー知事&元山仁士郎さんの合同講演会。2人とも本当にGreat Communicatorだ。こういう政治家が出てくるとは、沖縄の多様で豊かな文化の証左。デニー知事は講演の最後に、官房長官が「令和」の文字を示したのと同じポーズで、東急東横店で開催されている「沖縄物産展」のチラシを掲げていた。「皆さん、沖縄物産店にぜひとも行ってくださいね」。いいなあ。元山さんもハンガーストライキの最中に、ハンガーストライキの意味を解さない一人のおばあが ・・・ログインして読む
(残り:約2036文字/本文:約3670文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る