メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

女性が挑んだ「選挙戦改革」(下)

統一地方選の3候補を追って見えたもの

東野 真和 朝日新聞編集委員

女性が挑んだ「選挙戦改革」(上)

成田さんがスーパー前に立つと、同じ子育て世代の女性たちが次々声をかけて来た=東京都三鷹市拡大成田さんがスーパー前に立つと、同じ子育て世代の女性たちが次々声をかけて来た=東京都三鷹市

分刻みで動くのは「男性的選挙」

 それぞれの疑問から立候補を決意した3人だったが、選挙と向き合う中で、共通していたことがある。それは「日常」をできるだけ維持しようとしたことだ。そして、普通の住民の声を届けるには、普通の住民の感覚をなくさずに、自然な形で有権者に訴えようとした。

 一番こだわったのは、三鷹市議に立候補した成田千尋さんだ。夜明け前に起きて、政策を訴えるビラをポスティングをしたり、駅前に立ったりした後、子どもたちをママチャリに乗せて保育所や幼稚園に届ける。活動は日中に限り、午後5時以降は家事に専念する。それは選挙告示後も貫いた。朝食は、夫が作ってくれるようになった。

 選挙戦後半、のどを痛めてハンズフリーマイクを控えめな音量で使ったが、それまでは、大音量は不快だろうと地声で通した。駅前では「通勤する朝から政策の話など聞きたくないはず」と思い、「おはようございます」とあいさつするだけにした。ラッシュ時は「立っているのも迷惑」と、郵便ポストの脇などに立ち、政策ビラは、もらいに来てくれる人だけ渡した。

 その代わり、市選管から全戸配布される選挙公報の文面を一生懸命考えて書き、新聞に折り込んだビラとともに、家でじっくり読んでもらおうとした。選挙前のポスティングも、時間に余裕がありそうな休日の夜明け前に集中的に入れた。

 他候補が選挙カーで名前を連呼しながら巡回する中、ママチャリにのぼりをつけて走った。告示前にだれかの名前や写真と共同の「2連ポスター」と言われる形式なら、無所属でも貼ったり、看板で立てたりるすることができたが「自分なら家の回りに他人の写真を置かれたくない」し、告示前までに撤去する手間も考えてやらなかった。

 自宅を選挙事務所として届け出たが、掲示板へのポスター貼りや事務作業で告示日にママ友たちに頼った以外は「みんな子どもの入学進学で忙しい時期だから」と一人で戦ったので、人の出入りはなかった。政党の公認や推薦を受けると、金銭的・人的な支援を受けることができるが、掲げる政策だけでなく選挙戦術も党に縛られる。成田さんは無所属で戦うことにした。だから「自分がされたら嫌だろう」と思うことはせずに自分の思うとおりに動けた。

 千代田区議に立候補した山田千洋さんも、党が指導する辻立ちの繰り返しや、名前の連呼など「従来型」の運動に疑問を感じた。「後援会を作って勧誘を」と言われても、「この都会で、住所や名前を書いてもらうことは困難だろう」と思った。講演を聴いた選挙のプロが「選挙に行く比率の高い70歳以上を狙え」と説いたが、その層は現職の岩盤のような票になっている。

 党国会議員が、街頭での頭の下げ方からチラシの差し出し方まで丁寧に指導してくれたのはありがたかったが、道行く人が区民である確率はとても低い。選挙カーはボディにマグネットで名前を貼っただけで、成田さん同様、看板やマイクは使わず、ポスティングの繰り返しとネット広告に力を割いた。

 働く世代の新住民をターゲットにしたが、タワーマンションのようなポスティングさえできない所に住んでいる人が多く、接触が難しい。区選管の選挙人名簿からその世代だけ書き写し、パンフレットを郵送した。インターネットをよく見ている世代なので、ネットのバナー広告を「千代田区在住の20~55歳の男女」のように、絞られた対象にだけ見せるように限定して契約をした。

 埼玉県議選に出た山田千良子さんも、朝から晩まで分刻みで動く党の運動方針を「男性的な選挙だ」との印象を持った。できるだけ自分のペースで動いた。子どもの学校行事にも合間に顔を出した。選挙事務所は構えたが、党から「人がいれば勢いがつく」と支援者を集めるように指導されても「何もしないならいる意味がない」と、役割のない人以外は積極的に招き入れることはしなかった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

東野 真和

東野 真和(ひがしの・まさかず) 朝日新聞編集委員

1964年生まれ。社会部、政治部、編集センター、特別報道センターなどを経て、東日本大震災後に岩手県大槌町で3年間、熊本地震後に熊本県南阿蘇村で2年間、それぞれ民家に下宿。現在も震災復興・地方自治の編集委員として取材を続ける。著書に「駐在記者発 大槌町 震災からの365日」(岩波書店)、「理念なき復興」(明石書店)など。