メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

3・11、小沢一郎氏との抗争…混乱続いた菅政権

平成政治の興亡 私が見た権力者たち(17)

星浩 政治ジャーナリスト

参院選のマニフェストを発表する菅直人首相=2010年6月17日、東京・六本木拡大参院選のマニフェストを発表する菅直人首相=2010年6月17日、東京・六本木

「反小沢」を打ち出し菅内閣がスタート

 2010(平成12)年6月2日、鳩山由紀夫首相の退陣表明を受けて、民主党は後継の代表選びに入った。まず手を挙げたのは、菅直人・副総理兼財務相だった。

 鳩山氏とともに幹事長を辞任した小沢一郎氏の立候補が封じられるなか、岡田克也・外相、前原誠司・国土交通相、野田佳彦・財務副大臣らが相次いで菅氏支持を表明。優位に立った菅氏は、政治資金問題を抱える小沢氏について「小沢氏は国民の不信を招いた。しばらく静かにしていただいた方が本人、民主党、日本の政治にとっていいのではないか」と発言した。小沢氏を支持するグループは反発し、対抗馬として樽床伸二氏を推した。

 4日に国会議員による投票が行われ、菅氏が291票を獲得、129票の樽床氏に圧勝した。菅氏は直ちに衆院本会議で首相に指名され、8日に菅内閣が発足する。

 菅首相は官房長官に仙谷由人氏、財務相には野田佳彦氏を充てた。また、党の政策調査会を復活させ、玄葉光一郎氏に政調会長と内閣の公務員制度改革担当相を兼務させた。党幹事長には枝野幸男氏が起用された。いずれも「反小沢」を訴えてきた面々だ。菅政権が「反小沢」を明確に打ち出したことで、内閣支持率は上昇。そのまま、夏の参院選(6月24日公示、7月11日投票)を迎えるはずだった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

星浩

星浩(ほし・ひろし) 政治ジャーナリスト

1955年福島県生まれ。79年、東京大学卒、朝日新聞入社。85年から政治部。首相官邸、外務省、自民党などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、オピニオン編集長などを経て特別編集委員。 2004-06年、東京大学大学院特任教授。16年に朝日新聞を退社、TBS系「NEWS23」キャスターを務める。主な著書に『自民党と戦後』『テレビ政治』『官房長官 側近の政治学』など。

星浩の記事

もっと見る