メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「不条理」な欧州議会選挙。ヨーロッパはどこへ?

EU離脱交渉中の英国が選挙を実施、EU原構成国の仏伊では極右勢力が第1党

山口 昌子 在フランス・ジャーナリスト

拡大欧州連合(EU)の欧州議会選挙について報じる朝日や日経の朝刊紙面

フランス、イタリアで「反EU」が第1党に

 5月23~26日実施の欧州議会選挙(比例代表制、定数751議席)ほど、アプシュルド(不条理)」という言葉が当てはまる現象はないのではないか。欧州連合(EU)離脱交渉中のイギリスが、閣僚理事会(EU首脳会議)と並ぶ2大立法機関の欧州議会選挙を実施したほか、EUの原構成国であるフランス、イタリアで「反EU=反欧州」の極右勢力が第1党を占め、「内なる敵」を形成する結果になったからだ。

 ローマ条約(1958年1月発効)に端を発するEUは今後、いったい何処に行くのか?

 フランスでは、各種世論調査の予測から、今回の選挙は2017年の大統領選で決勝戦を争ったマクロン大統領と極右政党・国民戦線(FN、当時)のルペン党首の一騎打ちの再現とメディアがはやし立てた。結果は、ルペン率いる国民連合(RN。FNが改名)の得票率が23.3%、大統領率いる共和国前進(REM)と中道右派・民主運動(MoDem)の連合体の得票率は22.4%で、大統領選とは反対に、ルペンが僅差で勝利した。

 ただ、フランスの持ち議席数(74議席)の配分率によって、議席数は両党とも23と同数。大統領は辛うじて面目を保ったかたちだ。

 イタリアも予測通り、EU離脱派のサルビーニ内相が率いるポピュリスト政党「同盟」が第1党を占めた。また、ハンガリーやオーストリアでも主権主義政党など極右が大躍進した。

 イギリスでは、この選挙のために急きょ創設された、「(離脱に関しての)協議なし」の強硬派の新党・離脱党が33.3%の得票率でトップを占めたが、親EUの自由民主党が20.3%の得票率で2位に滑り込み、同国で親EU派がかなりの数を占めていることを示唆した。辞任表明のメイ首相率いる保守党は得票率8.8%で5位に沈んだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在フランス・ジャーナリスト

産経新聞パリ支局長を1990年から2011年までつとめる。著書に『ドゴールのいるフランス』(河出書房新社)、『フランス人の不思議な頭の中』(KADOKAWA)、『原発大国フランスからの警告』(ワニブックスPLUS新書)、『フランス流テロとの戦い方』(ワニブックスPLUS新書)、『ココ・シャネルの真実』(講談社+α新書)、『パリの福澤諭吉』(中央公論新社)など。ボーン・上田記念国際記者賞、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞。

山口 昌子の記事

もっと見る