メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「日韓の亀裂の源流」を和田春樹さんと考える

戦後アジアの前史、そして70年代

市川速水 朝日新聞編集委員

拡大和田春樹さん

日韓の溝ははぜこんなに深いのか

 いまの日韓関係について「良い」という人はいないだろう。

 慰安婦問題、徴用工に対する賠償問題はいつまでも解決しない。韓国内でずっとうらまれ続ける「親日」というレッテル貼り。竹島に韓国の国会議員が大挙して上陸。レーダー照射ではうやむやのまま。両国の政治家が軽率なコメントをぶつけ合い、韓国から見れば日本は謝罪も補償もしない無責任国家。日本から韓国を見れば「ゴールポストを勝手に遠ざける理解できない国」。街中では、ヘイトスピーチと「嫌韓本」の山――。

 なぜこんなに溝が深いのか。源流をたどると何が見えてくるのか。どこでどうボタンを掛け違えたのか?

 「戦後75年」という長いスパンで解きほぐすために、和田春樹・東京大名誉教授のインタビューを織り交ぜながら考えてみた。

 和田さんは、ロシア史研究から始め北朝鮮、韓国と近隣諸国の近現代史に詳しいことはもとより、市民運動家として実践を半世紀、重ねてきた。慰安婦をめぐる解決策の一つとされた「アジア女性基金」の呼びかけ人、専務理事として左右双方から批判を受け、リベラル派内部からも敵視されたことがある。

 ただ、日韓問題で、すべての人たちの声を代表し、納得させられるだけの学者や運動家は一人もいない。発言すること自体、見方を紹介すること自体が、何らかの政治的色彩を帯びる、と受け取られる昨今だ。その中で和田さんは、知識人、リベラルを自認しながらも、多彩な運動経験を持ち、言いっ放し、やりっ放しではない。

ここは、歴史的事実をなるべく丁寧に、客観的にひもときつつ、和田さんの時々の動きと思いを挟みながら、過去と未来を考えてみたい。

5年刻みの激動

 保守対革新、アジア外交、そして日本の市民運動の歩みを基準に考えた時、日本の「戦後」は荒廃から復興、高度成長期に、5年刻みで激動してきた。

1945年=第2次世界大戦敗戦、ポツダム宣言受諾
1950年=朝鮮戦争勃発、旧ソ連、中国、米国が介入、朝鮮半島が完全に分断
1955年=日本政界が保守・革新で安定的に対立する「55年体制」に
1960年=日米安保条約の調印めぐり激しいデモ続発
1965年=日韓基本条約で日韓国交正常化、ベトナム戦争が泥沼化
1970年=日米安保条約延長をめぐり激しい学生運動

 かつて敵国だったアメリカが日本を占領し、旧ソ連との冷戦が始まった。朝鮮戦争やベトナム戦争へアメリカが介入したのも、背後にソ連や中国がいたから。そのアメリカを後方支援したのが日本だった。戦前と違い、言論の自由を与えられた日本だが、アメリカの庇護をどう見るか、西側の一角に据えられた日本の立場をどう見るか、日本のリベラル内での意見は、元々対立の芽をはらんでいた。

 まず、日本国憲法が掲げる「平和主義」が保革を問わず、戦前の否定であり戦後の姿勢を表す標語になった。一方でアメリカによる占領が解かれ、その後も冷戦下で好戦的なアメリカの姿を見て、一部に「反米」意識が生まれた。左翼政党・団体や労働組合、学生団体の発言力が大きくなった。

 その「平和主義」「反米」「アメリカ離れ」「アメリカ頼り」がいくつかの源流を形作った。別な流れの源は、日本が独立する前にすでに冷戦に組み込まれ、すぐに朝鮮戦争や中台緊張の時代に突入したため、アジア、特に朝鮮半島や中国・台湾に対して、戦争犯罪や植民地支配などに関して日本が主体的に裁きや清算、謝罪、補償をしてこなかったことだ。

 ここを原点として、日本の「リベラル勢力」は紆余曲折の昭和・平成をたどることになる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る