メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

官房長官を“脅して”実現したシベリア抑留者支援

元参院議員・円より子が見た面白すぎる政治の世界⑭シベリア特措法の本当の目的とは

円より子 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

念願の民主党政権はできたけれど……

拡大首相官邸で記念撮影する鳩山内閣=2009年9月16日、首相官邸
 8月末、民主党は選挙に圧勝し、9月16日には民主党の鳩山由紀夫内閣が成立する。彼らがどれほど喜んだかことか。鳩山由紀夫さんの祖父である鳩山一郎・元首相は、抑留されていた人たちの帰国を実現した。由紀夫さんは平塚さんの前の会長だった寺内良雄氏が2008年10月に亡くなった時、偲(しの)ぶ会で、「祖父は皆さんの帰国を実現したが、私はその仕事を引き継いで、みなさんの尊厳を取り戻したい」と語っていた。

 時節到来である。私は谷、那谷屋の両参院議員らと、時をおかずにシベリア特措法案の提出に動いた。長年、この運動を引っ張ってきたシベリア立法推進会議世話人代表の有光さんも張り切っていた。法案はすでに完成していたし、200億円の財源の目途もつけていたからだ。

 ところが、そこへ「待った」が入る。民主党の幹事長となった小沢一郎さんが「議員立法は原則禁止」の通知を出したのだ。これはいけないと、私が「野党の時代に何年も前から準備してきたもので、これからつくる議員立法とは違う。抑留経験者は高齢で時間がない」と訴えたところ、何とか委員長提案の形で出せることとなったが、国会運営で与野党が対立し、時間切れとなってしまった。

 平塚さんらの落胆は尋常でなかった。「政権さえ取れればと思っていたのに」と肩を落とす。そのあまりの落胆ぶりに私も涙が出て、「ごめんなさい、みなさん。来年の通常国会では必ず成立させます。だから元気を出しましょう」というのが精いっぱいだった。

 しかし、ここでへこたれるわけにはいかない。「この状況を突破し、2010年の通常国会でなんとしても法案の成立を実現するには、円さんの突破力が必要だ」と口説かれ、私はシベリア議連の会長に就くことになった。民主党議員を次々と口説いて議連に入ってもらい、先輩議員らや財務省、総務省の官僚らの説得を精力的に始めることになる。

菅財務相の抵抗、総務省の難色

 明けて2010年、通常国会が始まった。予算案や内閣提出法案の審議が優先されるのはわかっていたが、特措法案を少しでも早く成立させたいと願っていた私たちに、今度は財務大臣の菅直人さんが冷や水を浴びせた。200億円の予算はまかりならぬと言う。

拡大菅直人財務相=2010年1月8日、首相官邸、
 この200億円というのは、1988年から元抑留者らへの慰謝事業を行ってきた独立行政法人「平和祈念事業特別基金」が廃止されるにあたり、国庫に返済することになっていたものだった。これを強制労働への対価として、補償と謝罪の意図もこめて、生存している人たちに支払うことにしたのだ。

 だが、菅さんは「国庫の財政が厳しいから、一般会計にまわす」という。谷さんらの説得で菅さんはしぶしぶ発言を撤回してくれたが、法案を提出する段になって、またまた障害が生じた。総務省がうんと言わないのだ。法案の13条にこだわっている。

 13条は、政府に対して、強制抑留の実態調査等についての基本方針を策定し、強制抑留下での死亡確認や遺骨、遺品の収集を行い、またシベリア抑留問題に関する真実の究明、過酷な抑留体験の次世代への継承などの総合的な取り組みを、国が責任も持って実施するようにと規定した条文である。

 私たちは、なにも強制労働への補償だけを求めているわけではなかった。真実の究明と次世代への継承こそが大事であり、二度とあのようなことが起きないように、いや起こさないようにするための教育や啓蒙活動が重要であると思っていた。13条にはそうした私たちの思いが盛り込まれている。

 これを削除したいとは、いったい何事なのか。

 法案は総務省の管轄なので、総務大臣の原口一博さんにも協力を頼んだが、なんとも煮え切らない。どうやら、官僚に首根っこを押さえつけられていて、13条を削除しないと法案を通せないと脅されていたらしい。菅大臣が財源の200億にこだわっているから、とても自分からは閣議で了承してくれなんて頼めないともいう。

 総務官僚はなぜ、13条にひっかかるのか。真実の究明は都合が悪いのか。それとも、遺骨や遺品の収集にさらに予算がかかるのがいやなのか。


筆者

円より子

円より子(まどか・よりこ) 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

ジャパンタイムズ編集局勤務後、フリージャ―ナリスト、評論家として著書40冊、テレビ・講演で活躍後、1992年日本新党結党に参加。党則にクオータ制採用。「女性のための政治スクール」設立。現在までに100人近い議員を誕生させている。1993年から2010年まで参議院議員。民主党副代表、財政金融委員長等を歴任。盗聴法強行採決時には史上初3時間のフィリバスターを本会議場で行なった。

円より子の記事

もっと見る