メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

酷暑の南スーダンで野球らしきものへの第一歩が

野球人、アフリカをゆく(6)イマニさんの登場で新展開。子供たちも徐々に増えて……

友成晋也 認定NPO法人アフリカ野球友の会 代表理事

拡大見様見真似でキャッチボールをする南スーダンの子供たち。

<これまでのあらすじ>
野球を心から愛する筆者は、これまでのアフリカ赴任地ガーナ、タンザニアで、仕事の傍ら野球を教え普及してきた。しかし、危険地南スーダンへの赴任を命ぜられ、さすがに今回は野球を封印する覚悟で乗り込んだ。ところが、あきらめきれない野球への思いが、次々と奇跡的な出会いを生み出し、ついに野球教室開催までこぎつけた。

エチオピア料理が好きな「イマニ」さん

 エチオピア料理とは、あまり縁がなかった。私は食べ物には好き嫌いがないタイプだが、過去に数回食べた経験から、もう食べたいとは思わなかったからだ。

 しかし、今、私は南スーダンの首都ジュバ市内のホテル内にあるエチオピア料理レストランにいる。“エチオピア美人”に誘われたからではない。テーブルをはさんで向かいにいるのは、昭和の匂いがプンプンする、ジャパニーズのおっさんである。

 内陸国である南スーダンに隣接する東アフリカのエチオピアには、南スーダンの紛争を逃れた難民が流入、一時は30万人近くに膨れがあったこともあり、今なお多くの難民がエチオピアで暮らす。

 かたや南スーダンの首都・ジュバには、エチオピア人系のホテルやレストランが、いくつもある印象だ。このように南スーダンとエチオピアは、ビジネスや文化、そして難民で深くつながっている。

 そのレストランは、クーラーが効いて快適だが、やや薄暗い室内には、日曜日のランチタイムなのに、あまり人はいない。そのせいか、さほど待たされることなく、やや小太りのウェイトレスが大きな皿を運んできて、テーブルに置いた。

拡大大皿に乗ってでてきたエチオピア料理。白くロール状に巻かれているものがインジェラ。
 エチオピア料理の象徴である酸味のあるパンケーキ「インジェラ」が皿の上にドーン。その上には炒めた肉や豆類が付け合わせで置かれている。ワットと呼ばれるシチューも運ばれてきた。

 「このインジェラがいいんですよね」と少年のようにキラキラと目を輝かせるおっさん。

 「その酸味が苦手なんだよな」と言いたくなるのをこらえ、しかめっ面にならぬよう注意を払う私。

 このエチオピア料理大好きおっさんは、ジュバ大学のグラウンドを紹介してくれた、職場の同僚、村上淳が帰国後、後任として職場に配置された今井史夫だ。自衛隊上がりの前任者の、精悍さ漂う青年然とした趣とは真逆な雰囲気。身長は169センチだが、公称数値は本人曰く、トム・クルーズと同じ170センチにしているとのこと。中肉中背というよりは華奢な体。年齢は私よりも上の56歳。先輩職員だ。白髪交じりでやや薄くなりかけた頭髪は、年齢相応でいいとして、白髪のあごひげを伸ばしているのが、ただものではない感を漂わせている。無理に別の言い方をするとすれば、チャームポイントといえなくもない。

 彼が赴任して職場に初出勤した朝。自己紹介で「今井です。昔ケニアに赴任していたこともあり、イマニと言われてました。ニックネーム、イマニと呼んでください」といったこともあり、若干意味不明ながら、以来、職場では「イマニ」さんと言われている。


筆者

友成晋也

友成晋也(ともなり・しんや) 認定NPO法人アフリカ野球友の会 代表理事

中学、高校、大学と野球一筋。慶應義塾大学卒業後、リクルートコスモス社勤務を経てJICA(独立行政法人国際協力機構)に転職。1996年からのJICAガーナ事務所在勤時代に、仕事の傍らガーナ野球代表チーム監督に就任し、オリンピックを目指す。帰国後、2003年にNPO法人アフリカ野球友の会を立ち上げ、以来17年にわたり野球を通じた国際交流、協力をアフリカ8か国で展開。2014年には、タンザニアで二度目の代表監督に就任。2018年からJICA南スーダン事務所に勤務の傍ら、青少年野球チームを立ち上げ、指導を行っている。著書に『アフリカと白球』(文芸社)。

友成晋也の記事

もっと見る