メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「日韓の亀裂の修復」を和田春樹さんと考える

北朝鮮の拉致事件、そして韓国との新たな関係へ

市川速水 朝日新聞編集委員

拡大徴用工・慰安婦問題がこじれるなか、植民地支配の反省・謝罪に基づいた解決を訴える和田春樹・東京大名誉教授(右手前)ら=2019年2月6日、国会

保守からもリベラルからも

 これまで日韓の亀裂に関して「源流」など4つのキーワードで時代をたどってきた。

「『日韓の亀裂の源流』を和田春樹さんと考える」
「『日韓の亀裂の転機』を和田春樹さんと考える」
「『日韓の亀裂の拡大』を和田春樹さんと考える」
「『日韓の亀裂の迷走』を和田春樹さんと考える」

 これらを通じて、1960年代から世紀をまたいでそれぞれの時代の日韓の動きを追った。その過程で、日韓の連帯がどう育ち、かつ崩れていったのか。そして、両国の政府レベルと市民運動レベルの乖離(かいり)、双方の国内の分裂模様が浮き彫りになった。

 最終回では、最近の動きを踏まえて将来を占ってみたい。

 韓国などとの慰安婦問題は、曲折の末にこしらえたアジア女性基金で事実上の補償をしようとしたが、「失敗に終わった」(和田春樹さん)との総括が一般的だ。2015年末の日韓政府間合意を踏まえ、日本政府が10億円拠出して財団がつくられたが、これも解散した。被害者や支援団体は、なお問題の「真の解決」を求め続けている。

 政治・外交的な妥協で慰安婦問題を解決させようとしても、社会的、歴史的な意味では、慰安婦問題は解決しないことがはっきりした。

 アジア女性基金の専務理事として、事業を最後まで見届けた和田さんは、保守からもリベラルからも浮いて見えることがあった。孤軍奮闘というか、道化的というか(注:筆者の個人的な感想)。

和田「私が市民集会やシンポジウムのパネリストなどに呼ばれるときは、アジア女性基金の推進者として批判を受けました。私はお互いに言うべきことは言う、という立場を貫きたいと思い、積極的に発言し続けたつもりです。韓国では『民主化運動を支援してくれたときは良心の人に見えたが、日本政府の手先になってしまっている』といった声が聞かれました。日本でも同じように見られていました。ただアジア女性基金の評価は、日本の中では相当に変わったと思います。政府も、官僚も、基金関係者も、元慰安婦への謝罪と償いのためにあれほど真剣に努力したということは驚くべき事実だからです。あきらかに問題が前進した時だった、と振り返っています」

 植民地時代の元徴用工への補償問題では、1965年請求権協定では最終的に解決していないという韓国司法の判断が下された。韓国政府は、対日関係と国内の被害者との間で板挟みになり、優柔不断な印象を与えている。日本は、請求権協定に基づく「仲裁委員会」での解決を図るべく韓国に申し入れたが、韓国側に応じる動きはない。

 ここで視点を日韓以外にも移してみる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る