メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

「政教分離」ほんとうの意味

韓国現代史とキリスト教の関係から考察する

徐正敏 明治学院大学教授(宗教史)、キリスト教研究所所長

*この記事は筆者が日本語と韓国語の2カ国語で執筆しました。韓国語版(한국어판)でもご覧ください。

「神様の摂理」「神様の恵み」

拡大1960年李承晩政権の3.15不正選挙を糾弾するチラシ=大韓民国歴史博物館HPより

 「李承晩大統領の政権継続は、神様の摂理である」
 「朴正煕大統領の偉業は、私たち民族に向けられた神様の恵みである」
 「全斗煥大統領は、神様が韓国を愛し遣わした偉大な指導者である」

 これらは韓国キリスト教の主流派、多数派の人々の常々の政治的立場をあらわすことばである。

 戦後初代の韓国大統領李承晩(イ・スンマン)。彼は個人的にクリスチャンであったが、彼の政府もまた「親キリスト教政権」であった。

 いくつかの政策と人材登用においてキリスト教のグループが優先され、優遇された。ゆえにこの時期は「キリスト教準国教時代」と呼ばれる。

 李承晩政権末期には、独裁にともなう腐敗が蔓延し、不正選挙による政権延長が画策された。1960年3月15日の選挙には、クリスチャン李承晩とクリスチャン李起鵬(イ・キブン)がそれぞれ大統領と副統領に出馬し、さまざまな不正が横行した。

 この時、韓国キリスト教界のほとんどは彼らを支持し、李承晩、李起鵬の当選が神の摂理であると宣言した。露骨な不正選挙であった。

 その李承晩政権は1960年、学生、市民による4.19革命で崩壊する。にもかかわらず韓国キリスト教は、このとき適切な反省と責任告白を履行しなかった。

 1961年、朴正煕(パク・チョンヒ)は、軍事クーデターで政権を奪取した。そして鉄拳統治と経済開発を強力に推進した。

 李承晩政権を支持していた韓国キリスト教界の主流は再び朴正煕こそ神が韓国民族に立てた指導者であるとし、彼の統治を神の恵みと呼んで彼を褒め称えた。

 これらの基調は、朴正煕が死後に「新軍部」と呼ぶ全斗煥(チョン・ドファン)中心の勢力が再度クーデターによって政権を奪ったときも続いた。

 不当な手順で全斗煥が大統領に就いたとき、彼のために韓国のキリスト教の主要人物たちが開催した「国家朝餐祈祷会」において、彼らクリスチャンは口を揃えて「全斗煥は、神様が韓国を愛し遣わした偉大な指導者である」と称賛した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

徐正敏

徐正敏(そ・じょんみん) 明治学院大学教授(宗教史)、キリスト教研究所所長

1956年韓国生まれ。韓国延世大学と大学院で修学。日本同志社大学博士学位取得。韓国延世大学と同大学院教授、同神科大学副学長、明治学院大学招聘教授、同客員教授を経て現職。アジア宗教史、日韓キリスト教史、日韓関係史専門。留学時代を含めて10年以上日本で生活しながら東アジアの宗教、文化、社会、政治、特に日韓関係を研究している。主なる和文著書は、『日韓キリスト教関係史研究』(日本キリスト教団出版局、2009)、『韓国キリスト教史概論』(かんよう出版、2012)、『日韓キリスト教関係史論選』(かんよう出版、2013)、『韓国カトリック史概論』(かんよう出版、2015)、『東アジアの平和と和解』(共著、関西学院大学出版会、2017)など、以外日韓語での著書50巻以上。

徐正敏の記事

もっと見る