メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「イスラム国がモザンビークを攻撃」の衝撃(中)

攻撃の背景に関する四つの分析

舩田クラーセンさやか 国際関係学博士、明治学院大学国際平和研究所研究員

拡大アナダルコが開発をすすめるパルマ郡の様子=提供・森下麻衣子さん(元OXFAM)

襲撃事件とまらず

 「イスラム国がモザンビークを攻撃」の衝撃(上)に続いて、今回は攻撃の背景を考察したい。

 2017年10月から119回もの襲撃事件が続くモザンビーク北端のカーボ・デルガード州。このうち110回は、米国や日本などの企業(アナダルコ社、三井物産)が天然ガス開発を進めるタンザニア国境近くで発生し、死者は300名に迫る。(こちら参照)

 襲撃者は「外国の煽動を受けてイスラム教の過激な思想に染まった若者」とされ、「アル・シャバブ」あるいは「アル・スンナ・ワ・ジャマ」と呼ばれる集団のメンバーだとも言われているが、その詳細は分かっていない。

 前回記事から数日後の6月12日、モザンビークの警察長官は、襲撃の首謀者がコンゴ民主共和国(以後、コンゴと略す)の出身者であると発表した。そして、コンゴ人の何者かが、カーボ・デルガード州隣のナンプーラ州で若者をそそのかし、コンゴでの軍事訓練に派遣しているとした。(「VOA」 2019年6月12日

 後日、モザンビークの外務大臣は、コンゴで武装集団に参加していたモザンビーク人12名の逮捕を明らかにした。(「LUSA」2019年6月18日)「外からの脅威」との政府の主張が裏書きされていることが分かる。

 この発表から数日後、モザンビーク国防大臣は、北部での集中的な軍事活動の成果として、モザンビークの治安は安定し、カーボ・デルガード州での攻撃数は「顕著に減少している」と自信を見せた。(「LUSA」2019年6月21日

 しかし、その5日後の6月26日、天然ガス開発の拠点パルマ郡で住民11名が斬殺される事件が発生し、再び世界に衝撃が広がっている。(「Citizen」2019年6月30日元ソースはAFP通信)

 6月6日の「イスラム国」(ISIS)による関与発表以降も、様々な出来事が生じ、登場人物はますます多様化し、事態は複雑化している。日本が電力のエネルギー源として輸入する天然ガスの開発地で頻発する一連の攻撃について、我々はどのように理解すればよいのだろうか。

攻撃の背景に関する四つの分析

 これまで、多くの識者によって様々な背景要因が指摘されてきた。代表的なものを四つに分類する。

 ①国際的な(とくに「東アフリカ地域」に広がる)ジハード運動との繋がり、②タンザニアとの「緩い」国境を行き来する「犯罪」との関係、③海外投資による収奪や格差拡大への不満を土台とした民衆蜂起、④投資流入に乗じて肥大化する国家エリートや抑圧的な軍・警察に対する政治闘争と報復である。番外編として、前稿で紹介した、⑤開発ビジネスで利益をあげたい国家エリートによる過激派への裏支援、つまり土地収奪のための住民追い出し作戦が加わる。

 いずれの分析が妥当だろうか。

 「イスラム国」が関与を発表したのと同じ日、米国の外交政策に大きな影響力を有するシンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)が、「モザンビーク北部の過激主義を理解する」を開催した(こちら参照)。偶然あるいは必然ともいえるタイミングである。

 モザンビーク研究者の第一人者、NGO関係者、国務省高官、元駐モザンビーク米国大使などを招いて行われたこの会議では、第一部は社会的・宗教的な側面、第二部は国際的な側面に焦点を当てた議論が交わされた。

 それぞれの識者の立場と関心の違いから、いずれの側面を重視するかには濃淡があったとはいえ、全員が以上四つの背景の複数に言及していた点は重要である。例えば、元大使は①②、モザンビーク人の歴史家は①③④、国際人権NGOは③④、米国のNGOは①から④のすべてをあげた。

 本稿では、これら識者の指摘を紹介しつつ、筆者のこれまでの研究と今回新たに行ったリサーチを踏まえ、四つの背景要因のそれぞれを深め、現在も続くカーボ・デルガード州での危機の背景を浮き彫りにしたい。

Justiça Ambiental制作の動画 "Broken Lives, Stolen Future" (2018年)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

舩田クラーセンさやか

舩田クラーセンさやか(ふなだクラーセンさやか) 国際関係学博士、明治学院大学国際平和研究所研究員

京都生まれ。国際関係学博士(津田塾大学)。1994年にモザンビークにて平和維持活動(UNMOZ)に参加し、パレスチナとボスニア・ヘルツェゴビナなどで政府派遣要員として紛争後の民主選挙の監視に関わった。その後、研究活動を進め、2004年から2015年まで、東京外国語大学にて「戦争と平和学」「アフリカ研究」「国際開発・協力」などの教育に携わる。その後、研究の軸足を「食と農」に移すとともに日本内外で市民社会の活動にも積極的に関わっている。著書に「モザンビーク解放闘争史〜「統一」と「分裂」の起源を求めて」(御茶の水書房)、The Origins of War in Mozambique (African Minds)、共著に「解放と暴力〜アフリカにおける植民地支配と現在」(東京大学出版会)、The Japanese in Latin America(Illinois University Press)、編著に「アフリカ学入門」(明石書店)、訳書に「国境を越える農民運動〜草の根が変えるダイナミズム」(明石書店)。 ブログ:https://afriqclass.exblog.jp/ ツイッター:https://twitter.com/sayakafc

舩田クラーセンさやかの記事

もっと見る