メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

星野源演じる「いだてん」の平沢和重の数奇な人生

戦前の革新派外交官から戦後はメディアに転身。名スピーチで五輪誘致に貢献。

小宮京 青山学院大学文学部准教授

拡大1964年東京オリンピック開会式。日本選手団の入場行進=1964年10月10日

1964年東京五輪招致のキーマン

 2020年の東京オリンピック開催を1年後に控え、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が放送されている。その第一話で、1964年の東京オリンピック招致成功のキーマンとして、星野源が演じる平沢和重が登場した。

拡大平沢和重さん
 読者の多くにとっては、「平沢? Who?」だろう。1959年のIOC(国際オリンピック委員会)総会の立候補都市によるプレゼンテーションで、日本の担当者である北原秀雄が怪我をしたため、急きょ代役をつとめ、その見事なスピーチで東京オリンピック招致に大きく貢献したと評価されたのが平沢だった。

 当時、平沢はNHK解説委員。テレビでの解説を通じて広く知られていた。IOC総会の場では、テレビの解説で培われた技量が見事に発揮されたのだが、平沢が死去してからもう40年超。東京オリンピック招致の成功の記憶も、また平沢の解説も、人々の脳裏から消える一方だ。実は平沢は元外交官であり、戦後になってからメディアに進出したのだが、こうした経歴すらもあまり知られていない。

 平沢に関しては、遺稿を集めた、福島慎太郎編『国際社会のなかの日本 平沢和重遺稿集』(日本放送出版協会、1980年)が存在する程度である。平沢夫人が2018年に亡くなったこともあり、平沢を知る周辺の人々も減っている。

 筆者は2000年代初期、平沢和重について調べたことがあった。今はもう亡くなられた方々を含む関係者から、貴重なお話を伺うことができた。本稿は、そうした方々の証言を用いながら、「いだてん」で久しぶりに“復活”した平沢和重(星野源演じる)の、知られざる、そして時代を映した数奇な足跡を明らかにしたい。

大日本帝国の外交官として

 平沢は1909(明治42)年9月14日に生まれた。1930(昭和5)年3月に第一高等学校(一高)を卒業。1934(昭和9)年に文官高等試験外交科試験に合格し、1935(昭和10)年3月に東京帝大法学部政治学科を卒業すると、4月に外務省書記生に任じられた。

 同期生に吉田寛がいる。吉田寛は岸信介と佐藤栄作兄弟の従兄弟に当たる人物で、戦後首相になった吉田茂の娘の桜子と結婚した。吉田寛は1940(昭和15)年に早逝。生前の平沢は「吉田茂に桜子さんのことを頼まれた」と語っていたという。

 アメリカに赴いた平沢は1936(昭和11)年7月にベイツ大学を卒業した。ベイツ大学で出会った「パブリック・スピーキング」という科目が、戦後の平沢を助けることになる(『国際社会のなかの日本』289-291頁)。

 8月から1938(昭和13)年4月まで外交官補として在米大使館に勤務。斎藤博大使の秘書を務めた。平沢は大使に非常に可愛がられ、斎藤が懇意にしていた坂西志保とも面識を得た。坂西はアメリカで博士号を取得し、アメリカ議会図書館に勤務していた。ちなみに日本側への情報提供者であった。

 1938年5月に平沢は帰国。帰国の際、嘉納治五郎の最期を看取ったとされる。帰国後は1941(昭和16)年4月まで外務省アメリカ局第1課に勤務した。

 1941年4月にニューヨーク総領事館の領事に任じられ、再度アメリカに赴任した。渡米のとき、沖縄返還時の「密約」を証言したことでも知られる、吉野文六が同じ船に乗っていた。吉野はソ連経由でドイツに赴任できなかったため、アメリカ経由で派遣されたのだった。

 吉野は、当時の平沢を「平沢さんは右派であると聞いていました」「日本の上品な右翼という感じ」と評した。吉野のいう「右派」とは「対米戦争を恐れるべきでないと主張する」人々を指す(佐藤優『私が最も尊敬する外交官 ナチス・ドイツの崩壊を目撃した吉野文六』講談社、2014年)。


筆者

小宮京

小宮京(こみや・ひとし) 青山学院大学文学部准教授

東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。専門は日本現代史・政治学。桃山学院大学法学部准教授等を経て、2014年から現職。著書に『自由民主党の誕生 総裁公選と組織政党論』(木鐸社)、『自民党政治の源流 事前審査制の史的検証』(共著、吉田書店)『山川健次郎日記』(共編著、芙蓉書房出版)、『河井弥八日記 戦後篇1-3』(同、信山社)など。

小宮京の記事

もっと見る