メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

若者の未来を奪うな!元キャスター村尾信尚の挑戦

財政赤字で日本は沈没寸前。日銀券と投票用紙で「雨垂れ」のように国を変えたい

村尾信尚 元ニュースキャスター、関西学院大学教授

 昨年秋まで12年間、夜の「ニュースの顔」だった村尾信尚さんには、伝えきれていないことが残っている。「いまの私たちの行動が、若い人たちの未来を奪っている」という現実だ。

 メーンキャスターをつとめた「NEWS ZERO」(日本テレビ系列)の現場、その前に20年ほど身を置いた霞が関や永田町の世界とは一線を画し、まずはインスタグラムで新たな発信を始めた。

 未来を奪うものとは何なのか。63歳からの再挑戦は若者たちの心に響くのか――。「雨垂れ」集めから始めるという意気込みと構想を、聞いた。(聞き手 伊藤裕香子・朝日新聞論説委員)

拡大身ぶり手ぶりを交えてインタビューにこたえる村尾信尚さん

桐谷美玲さんから勧められたインスタ

――こまめにインスタグラムに投稿されていますね。最近、テレビの報道番組に出演したときの写真には、フォロワーが「ZEROがよみがえりました!!」とコメントしていました。

村尾 昨年秋に番組を卒業するころから始めました。ことあるごとに、若い人たちの未来を奪う動きについて、若い人たち向けにインスタで発信しようと思っていて。地上波のテレビでどれだけ言っても、届き切れていない部分もありましたから。「インスタは多くの若い人が見るから、いいですよ」と言ってくれたのは、 ZEROで一緒だった桐谷美玲さん。モデルや俳優として、いまも活躍しています。

政府が無視した「避難勧告」

――未来を奪う動きとは、具体的には何ですか。

拡大村尾信尚さん
村尾 キャスターの前は20年ほど、大蔵省(いまは財務省)の官僚で、国の予算をつくり、国の借金を管理する仕事をしていました。役人時代は統計の数字をみて、省庁の中で議論した一方で、実際に世の中の人たちの声を聞く機会はなかなかなかった。一方で、 ZEROの12年間、世の中の人たちに触れて感じたのは、格差の広がりに対する怒りと将来への不安でした。

 最近でいえば、「老後に約2千万円が必要」という内容が書かれた金融庁の報告書でしょうか。年金は将来をすべて保障してくれないという、みなが薄々感じている現実を示しました。これはある意味、全国民に出された「避難勧告」です。なのに、政府はしっかり説明もせず、早く火の粉を振り払おうと報告書を受け取らなかった。政府自ら、避難勧告を無視しました。国民は避難勧告が出されているのかいないのかわからない状態のまま、取り残されたようなものです。

 政府の使命はまず、困った人や地域を助けること。これは与野党ともに異論はないでしょう。問題は、政府が動くには、お金がいることです。では、だれに求めるのか。必要な財源はだれが負担するのかという正面からの議論、国民がいやがる話は、与野党も多くのメディアも避けがちでした。だれもまともに避難勧告を議論しないのです。

――キャスター時代の村尾さんも議論を避けていました?

村尾 いままで消費税の増税を2度先送りした安倍政権には、私は率直にスタジオから批判し、ときには総理に直接その姿勢を厳しくただしました。しかし、スタッフからはよく、「増税とか、『年金を受け取る要件は厳しくして、余裕がある人は一定の負担をしてもらいましょう』といった話をすると、視聴率は下がります。できるだけ前向きに、明るい話題でしめないと、視聴者は気持ちよく寝られませんよ」と言われました。確かに、夜に家に帰ってテレビをつけ、一緒にキャスターをしていた「嵐」の櫻井翔さんなどの姿を見ているときに、国民に負担を求める話をすれば、チャンネルを換えられてしまうでしょう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

村尾信尚

村尾信尚(むらお・のぶたか) 元ニュースキャスター、関西学院大学教授

1955生まれ。1978年に大蔵省(現財務省)に入省、主計官や国債課長などを経て退官。2003年4月に三重県知事選に出馬するが落選し、関西学院大学教授となる。06年10月~18年9月まで、日本テレビ系列「NEWS ZERO」のメーンキャスターを務めた。主な著書に「役所は変わる。もしあなたが望むなら」(淡交社)、「B級キャスター」(小学館)などがある。

村尾信尚の記事

もっと見る