メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

選挙は「オワコン」なのか

投票箱が閉まるまで 候補者と有権者の闘争

井戸まさえ ジャーナリスト、元衆議院議員

「戦略的投票」の効果と限界

 「もう●●さんは大丈夫だと思うから、誰に入れたら良い?戦略的投票で××さん?」

 選挙も終盤戦に入ってくるとこうした問い合わせが多く入ってくる。「戦略的投票を!」との呼びかけがSNS上でも頻繁に行われているので、「戦略的投票」という手法は既に有権者が投票行動をする場合の判断基準になって来ているのだと実感する。

 「戦略的投票」とは選挙区において

・・・ログインして読む
(残り:約5118文字/本文:約6689文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

井戸まさえ

井戸まさえ(いど・まさえ) ジャーナリスト、元衆議院議員

1965年宮城県生まれ。ジャーナリスト。東京女子大学大学院博士後期課程在籍。 東洋経済新報社勤務を経て2005年より兵庫県議会議員。2009年、民主党から衆議院議員に初当選(当選1回)。著書に『無戸籍の日本人』『日本の無戸籍者』『 ドキュメント 候補者たちの闘争』、佐藤優との共著『不安な未来を生き抜く最強の子育て』など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです