メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ドイツ・ブレーメンが占う今後のEUの動向

花田吉隆 元防衛大学校教授

 5月26日、ドイツ・ブレーメン州で行われた州議会選挙を受け、関係各党間で続けられてきた連立交渉が7月初め、とうとうまとまった。7月4日に左派党が、6日に社会民主党(SPD)と緑の党が、それぞれ州党大会で連立協定を承認した。左翼陣営3党による連立政権の誕生だ。たかがドイツの一地方政府の話と思うなかれ、実はこれがドイツ政治の今後を占う重要な試金石だった。影響はドイツを越え、EU、世界にも及びかねない。一体、ブレーメンの連立がどうしてそれほどの重要性を持つのか。

連邦議会選の前哨戦

 実は、ブレーメン州選挙は、今年中にもあるのではないかと噂される連邦議会選挙の前哨戦だ。今回成立したブレーメン州左翼3党による、いわゆる「赤緑赤連立」は、連邦レベルの「赤緑赤連立」に向けた布石に他ならない。

 各種世論調査によれば、現在、この3党支持率の合計は大体46%あたりだ。対する第一党、キリスト教民主社会連合(CDU/CSU)の支持率は今のところ26%程度であり、CDU/CSUが政権を取るには、左翼3党を上回る得票率になるよう連立相手を探さなければならない。

ドイツ政治のキャスティングボートを握る緑の党

拡大支持率の高まりを受けて盛り上がる「緑の党」の選挙集会=2018年10月11日、ミュンヘン

 連邦議会選挙が今年中にもあるとすれば、それはSPDが今の大連立から離脱することを意味するから、SPDが選挙後、改めてCDU/CSUと組むことは考えにくい。他方、CDU/CSUと自由党(FDP)だけでは到底過半数には達しない。つまり、CDU/CSUにとり唯一可能性があるのは、緑の党との2党連立、または、これにFDPを加えた3党連立だ。つまり、今のドイツ政治では緑の党がキャスティングボートを握っている。

 緑の党はこれまで10%を少し超えるくらいの小政党だったが、昨年夏ごろから急速に支持を伸ばし、とうとうSPDを抜いて第二党に躍り出た。この緑の党が「中道右派のCDU/CSU」側につくか、あるいは、「左翼陣営3党の連立」に参加するかが今後のドイツ政治の分かれ目になる。ブレーメンが示したのは後者、すなわち「左翼陣営3党による連立」の可能性だ。

 実は、1990年の再統一後、ドイツでは、数の上では、左翼陣営の得票率合計が常に優位を保っていた。1994年の選挙では左右両陣営の得票率合計はほぼ拮抗していたものの、その後、1998年から2005年選挙までの間、左翼陣営の得票率合計が常に過半数を占める。2005年の選挙で、SPDはCDU/CSUに僅差で敗れ、大連立に加わりながら首相ポストをメルケル氏に譲ったが、この時ですら、左翼陣営の得票率合計は51.0%と過半数を占めていた。

 こういう状況を当時シュピーゲル誌は「赤いドイツ」と呼び、ドイツの「左優位の時代」をジャーナリスティックに表現した。こうなったのは他でもない、再統一で旧東ドイツを取り込んだからだ。ところが、2005年、この左翼陣営が3党連立を組み政権を取るということはなかった。何故か。それは左派党の由来に起因する。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

1953年生まれ。東京大学法学部卒業。在南アフリカ大使館公使、在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校グローバルセキュリティーセンター教授等を経て、現在、早稲田大学社会科学総合学術院非常勤講師。著書に『東ティモールの成功と国造りの課題』(創成社、2015年)、「スイスが問う明日の日本」(刀水書房、2018年)等。

花田吉隆の記事

もっと見る