メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

JR南鹿児島駅のすぐ裏で起きた土砂崩れ=2019年7月3日午後2時46分、鹿児島市拡大JR南鹿児島駅のすぐ裏で起きた土砂崩れ=2019年7月3日、鹿児島市

7月2日(火) 朝、10時発の便で鹿児島空港へと向かう。羽田で、鹿児島空港付近に霧が発生しており、引き返すこともあるという条件付き飛行となることを告げられた。何とか鹿児島に着陸、そこでKディレクターらと合流。雨足はその時はいくぶん弱まっていたが、昨夜はひどかったらしい。「サンデー毎日」用の原稿をメールで送る。

 とりあえずは、雨が集中的に降ったいちき串木野市方面へと移動。断続的に雨が降っているが、昨日の夜がひどかったという。二級河川の大里川の堤防決壊箇所や、避難を考えている人などを取材。住民の方々は取材にとても協力的だった。本当にありがたいことだ。こちらは東京くんだりから駆けつけたよそ者なのに。

大里川(右)が増水して一部が崩落した道路=2019年7月1日、鹿児島県いちき串木野市拡大大里川(右)が増水して一部が崩落した道路=鹿児島県いちき串木野市

 鹿児島県のマスコミでは南日本放送(MBC)が、防災情報では地元住民から格段の信頼を得ている。それもこれも、「8・6水害」(1993年)を身を挺するように放送を出し続けたことを県民が知っているからだ。東京の気象庁は「命をまもる行動を」などと呼びかけているが、東京のお役所言葉よりも、地元住民の生活実感の方を僕は信じている。戦時中の空襲警報のように住民が一斉避難とはなかなかならない現実がある。年配の方々は特にそのような実体験を信じている。なかなか避難しない。あしたのことを考えて今夜は薩摩川内市内に宿泊することにする。

 ハガティ駐日米大使、トランプ大統領が日米安保条約に不満なのは「同盟国の支出が少ないこと」に対してだとか。この人物は何もわかっていない。特に日米安保条約の日本側の負担が同盟国の中でも異様に突出して多いことの知識または情報がないのだ。トランプと金正恩の板門店ランデブーについて、「Democracy Now!」のトークをみたが、はるかに質の高い論議を展開していた。

7月3日(水) 朝から県内の各所に土砂災害警戒警報発令。避難指示が出される。鹿児島市内は、今日は幼稚園・小学校・中学校が休校。薩摩川内市から鹿児島市内に移動。九州新幹線の混乱や鹿児島市内の被害地域などを取材して回る。途中、「news23」の村瀬健介キャスターらの取材チームと出くわす。酷く強い雨だ。甲突川の水位もかなり上がっている。鹿児島市内の27万5000世帯余、59万4000人あまりを対象に避難指示。

避難所の体育館で一夜を過ごす人たち=2019年7月3日午後7時47分、鹿児島市20190703拡大避難所の体育館で=2019年7月3日、鹿児島市

 避難所の取材の後、鹿児島市の危機管理課に取材。ちょうど2回目の災害対策本部会議が開かれていた。その後、ブリーフィング。その時点で1422人が実際に避難していた。この数字をどうみるかだ。危機管理課長は、ざっくばらんな感じの人物で取材しやすかった。

 鹿児島市内は午後3時の段階で多くの店舗が店を閉め、僕らも夕食をとることままならず。コンビニのおにぎりやパンはとっくに売り切れていた。ようやく確保したビジネスホテルの食堂もあと30分で閉店ということで駆け込み注文して何でも腹に入れた。それにしてもずうっと雨のなかにいると、からだが自然に冷えてくる。夏風邪を引いたようなので、若干アルコールは控える。雨の取材のために、今日約束をしていたレバノン人の映画監督ナディーン・ラバキーさん(映画『存在のない子供たち』の監督)へのインタビューは代わりの人にやってもらうことになった。残念。この映画は実に衝撃的だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る