メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

希望が感じられない参院選に漂うかつてない徒労感

課題設定がきちんと行われなかった選挙戦。不安を抱えながら漂う社会が続いていく……

三浦瑠麗 国際政治学者・山猫総合研究所代表

課題設定がきちんと行われなかった参院選

拡大開票状況を受け、中継で報道各社の取材に応じる立憲民主党の枝野幸男代表=2019年7月21日夜、東京都港区
 今回の参議院選挙が盛り上がらなかった最大の理由は、課題設定がきちんと行われていなかったからでしょう。言うまでもなく、全議席の3分の2を取れるかどうかや、注目選挙区で野党統一候補が勝つかどうかは、課題設定とは言えません。

 課題設定とは、「日本の優先順位はこれである」という意思表明であり、それこそが政治の本質です。そのうえで、国会の勢力図や与党内の勢力図に基づいて、優先順位の高い課題を解決するための落としどころ、答えを探っていくべきものです。

 日本には優先して取り組むべき課題がいくつかあります。大手メディアは、年金、憲法、消費税が争点という報じ方をしていましたが、それだけだと不十分な表現でしょう。たとえば消費税をどうするかというのは、与野党できれいに立場が分かれているということにすぎません。本当に消費税の是非が争われたのかと言えば、実はそうでもないからです。

 年金問題はどうか。年金を含めた社会保障問題が重要な課題であることは論をまちません。日本社会の高齢化は他国に先駆けて進行し、人類が経験したことのない水準に達しつつあります。現役世代の負担が増し、年金や医療、介護の水準を切り下げざるを得ないなかで、どの水準が譲れないナショナルミニマムなのかという観点から、徹底的な議論が必要でしょう。

 社会保障問題では、年金の持続可能性と世代間の公平性が、本来は子孫の繁栄を願うべき保守によって軽視され、他方で野党の多くは老後資金の自己負担を減らす方策についての具体策が不明なままです。また、その自己負担減が、どれほどの財産家、所得帯にまで適用されるのかという死活的な問いにも答えが与えられていません。

 憲法はさすがにしっかりとした争点だろう、という人は少なくないと思います。でも、本当にそうでしょうか。自民党の多くの議員は、憲法を主張の根幹部分にはしていません。野党も安倍政権下での改憲への恐怖をあおる一方で、改憲をめぐる具体案を示していません。要するに、憲法も、「一応争点にしたよ」という程度の扱いしかされていないのです。

 今回の選挙結果は結局、安倍政権をどれほど信任するかという、漠然とした意味合いにならざるをえません。そこで与党が勝利した以上、新たな課題に目が向けられたわけでもなければ、課題解決に向けた新たな方策の優劣を競った効果もなかった、ということになります。ほぼすべての党が、少子化対策、教育充実、生活者目線重視、年金の安心、経済成長を掲げた以上、どの分野でよりドラスティックな改革を行うというマンデートにもなりえません。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

三浦瑠麗

三浦瑠麗(みうら・るり) 国際政治学者・山猫総合研究所代表

1980年神奈川県茅ケ崎市生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)。専門は国際政治、比較政治。東京大学政策ビジョン研究センター講師などを経て現職。著書に『シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)、『「トランプ時代」の新世界秩序』(潮新書)、『あなたに伝えたい政治の話』(文春新書)、『21世紀の戦争と平和 徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社)など。政治外交評論のブログ「山猫日記」を主宰。公式メールマガジン、三浦瑠麗の「自分で考えるための政治の話」をプレジデント社から発行中。共同通信「報道と読者」委員会第8期、9期委員、読売新聞読書委員。近著に『日本の分断―私たちの民主主義の未来について』(文春新書)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

三浦瑠麗の記事

もっと見る