メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

台風の目の中?でおこなわれた参院選

内政、外交の課題山積なのに投票率50%割れ。野党への不満を集めた山本太郎氏に注目

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

拡大参院選の結果を受けて記者会見する安倍晋三首相=2019年7月22日、東京・永田町の自民党本部

低投票率、不完全燃焼の選挙

 内には増税や年金問題。経済の先行きも不透明。外を向けば外交課題が山積。これほど内外情勢が緊迫しているなかで迎えた参院選は珍しい。

 ところが、投票率は48%台。50%を割ったことは過去一度しかなく、戦後二番目の低さだという。その結果、自民党は全有権者の20%そこそこの得票によって57議席を獲得した。公明党は14議席を得て、自公の与党で71議席、改選議席の半数は上回った。しかし、自民党単独では過半数を割ってしまった。

 安倍晋三首相は22日に記者会見を開き、「政治の安定」を争点としたが、その目標を達成できたと胸を張った。だが、課題山積のなか、あり余る問題が白熱した争点とされることなく、参院選は結局、不完全燃焼で終わってしまった。

 周囲は暴風雨なのに、まるで台風の目のような静けさの中での選挙だったようにみえる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

田中秀征の記事

もっと見る