メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

野球先進国ウガンダのチームに南スーダンの難民が

野球人、アフリカをゆく(8)国民の約3分の1が難民、避難民の南スーダンの現実

友成晋也 認定NPO法人アフリカ野球友の会 代表理事

拡大SSBCで流された、平和式典におけるキール大統領の演説シーン=2018年10月31日

<これまでのあらすじ>
野球を心から愛する筆者は、これまでのアフリカ赴任地ガーナ、タンザニアで、仕事の傍ら野球を教え普及してきた。しかし、危険地南スーダンへの赴任を命ぜられ、さすがに今回は野球を封印する覚悟で乗り込んだ。ところが、あきらめきれない野球への思いが、次々と奇跡的な出会いを生み出し、ついに野球教室開催までこぎつけた。そこに集まる選手たちの素性が徐々にあきらかになってゆく。

突然の祝日に開かれた「平和式典」

 2018年10月31日水曜日。ジュバの宿舎の最上階にある私の部屋に、朝から妙齢の男女3人が集った。

 仕事をさぼっているわけではない。この日は急遽、南スーダンは全国的に祝日になったのだ。楽しい飲み会が始まるわけでもない。一緒にテレビを観るのだが、映画やサッカーの試合中継を見るわけでもない。

 「さあ、やっと始まるみたいですよ」と待ちくたびれて、やや疲れた表情で言うのは、内川知美。JICAの職場でとても頼りになる敏腕次長だ。

 「炎天下の中、朝早くから集められた人たちは大変ですよねえ」と、職場では安全管理担当所員のイマニ。

拡大SSBC(南スーダン放送)で放映された平和式典に集まる群衆の光景=2018年10月31日
 これから始まるのは、南スーダン政府が主催する「平和式典」だ。ジュバの街中の公共の広場で公表10万人の市民が集まっているらしい。実際はおそらくその10分の1くらいなのだろうが、そんなに広くない場所に人が集まっているので、テレビの画面を通してみる会場は人が溢れかえっているように見える。

 実はこの日、職場の日本人スタッフはこの3人だけで、他のメンバーは全員南スーダン国外にいる。この平和式典の名前とは裏腹に、なにか騒乱が起きるかもしれない、という可能性が否定できないため、「予防退避」をしているのだ。残ったのは、私と内川次長の管理職二人と、安全管理担当のイマニのみ。

 と言っても、市内は警備がやや厳重になっているようだが、雰囲気は平穏そのもので、特段の緊張感が感じられるわけでもない。否定できない危険な可能性がゼロでなければ手を打っておく、ということなのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

友成晋也

友成晋也(ともなり・しんや) 認定NPO法人アフリカ野球友の会 代表理事

中学、高校、大学と野球一筋。慶應義塾大学卒業後、リクルートコスモス社勤務を経てJICA(独立行政法人国際協力機構)に転職。1996年からのJICAガーナ事務所在勤時代に、仕事の傍らガーナ野球代表チーム監督に就任し、オリンピックを目指す。帰国後、2003年にNPO法人アフリカ野球友の会を立ち上げ、以来17年にわたり野球を通じた国際交流、協力をアフリカ8か国で展開。2014年には、タンザニアで二度目の代表監督に就任。2018年からJICA南スーダン事務所に勤務の傍ら、青少年野球チームを立ち上げ、指導を行っている。著書に『アフリカと白球』(文芸社)。

友成晋也の記事

もっと見る