メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

欧州委員長に求められる2つのリーダーシップ

花田吉隆 元防衛大学校教授

難問山積で求められる「強いリーダーシップ」

 近年、欧州は難問山積だ。

 ポピュリスト勢力が欧州のあちこちで跋扈(ばっこ)し、政権入りするところも出てきた。今回、その代表格のハンガリーが、ポーランド、チェコ、スロバキア、イタリアを巻き込み、一度決まりかけたフランス・ティンマーマンス欧州委員の委員長就任をひっくり返した。欧州理事会がポピュリスト勢力の横やりに屈するのかと、関係者の強い批判を生んだ。今回、欧州議会選挙では、イタリアのマッテオ・サルヴィーニ副首相がもくろんだ、ポピュリスト議員によるEUの内側からの変革こそ実現しなかったものの、ポピュリスト政党は各国で大幅に議席を伸ばした。ポピュリスト勢力が今後の欧州政治攪乱の芽であることは疑いない。

 そのイタリアは、債務の対GDP比が130%を超え、成長は鈍化、失業率は増加と、依然欧州経済の問題児であることに変わりない。イタリア経済が混乱し、ユーロ危機が再燃するようだと、EUは一気に不安定化する。EUはそういうイタリアをEUが定める財政規律に従わせなければならない。

 英国との離脱協定は依然予断を許さないが、7月24日首相に就任したボリス・ジョンソン氏は合意なき離脱も辞さないと強硬な姿勢を崩さない。英国の今後については不透明感が高まるばかりだ。

 近年進出が目覚ましい中国にどう対応するかも待ったなしの問題だろう。

 何より、欧州にとっての最大の問題はこのところ不協和音が絶えない米欧関係だ。米欧は貿易もさることながらNATO防衛費負担を巡り激しく対立する。しかし、米国に安全保障を依存せざるを得ない欧州にとり、この問題は深刻だ。戦後世界の安定を担ってきたNATOが揺らぐようだと影響は世界に及びかねない。

 そういう米国のトランプ大統領に対し、メルケル首相はこれまで、ことあるごとにくぎを刺してきた。防衛負担は欧州側にも非があるにせよ、トランプ大統領が戦後秩序の基盤である自由民主主義体制に反する言動を繰り返すのは看過できない、戦後米国が主導して創り上げた秩序が、他でもない米国自身により脅かされようとしている。メルケル首相は「自由民主主義体制の根幹である自由、民主主義、自由貿易、人権尊重、法の支配等の基本的価値は断固守っていかなければならない」と声を大にする。

 次期欧州委員長は、こういう多事多難な欧州の舵取りを求められる。フォンデアライエン氏は欧州の先頭に立ち、メルケル首相と一緒になって「自由民主主義体制の価値」を訴えていかなければならない。これを否定するようなトランプ大統領や欧州のポピュリスト政権に対し断固とした態度で立ち向かわなければならない。それは、これまでにも増して困難な役割だ。しかし、今ほどその困難な役割が求められるときはない。次期欧州委員長は「強いリーダーシップ」で欧州を引っ張っていかなければならない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

花田吉隆の記事

もっと見る