メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

メルケル首相の14年にみるドイツと欧州の関係

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大75年前のヒトラー暗殺未遂事件の記念式典であいさつするドイツのメルケル首相=2019年7月20日、ベルリン、野島淳撮影

 ドイツのメルケル首相の治政は14年を数え、このまま任期満了を迎えればその任期は16年に及ぶ。かつてない長さだ。戦後ドイツを代表する首相といえばコンラッド・アデナウアーとヘルムート・コールだが、メルケル首相はそれに匹敵するドイツの指導者だ。ところが、アデナウアー、コールと比較すると、メルケル首相には欠けるものがある。アデナウアーは、戦後、西独を自由主義陣営に結び付け、EEC発足と共に、西独を欧州に「埋め込む」という誰もが認める偉大な功績を成し遂げた。コールは冷戦終結に際し、何人も予想しえなかったドイツ再統一を果たした。この二人の業績に匹敵する功績をメルケル首相は残しただろうか。

メルケル首相が直面したユーロ危機と難民危機

 メルケル首相の14年を振り返るとき、誰もが思い浮かべるのが2009年に始まるユーロ危機と2015年の難民危機だ。そのいずれもがユーロと欧州の根幹を揺るがし、ユーロと欧州は、あわや崩壊かという存亡の淵に立たされた。欧州各国は必死の対応を試み、何とかこの二つの「未曽有の危機」をしのいでいく。その時ドイツ首相の地位にあったメルケル氏は、危機回避に決定的な役割を果たしただろうか。確かにユーロ危機では、ギリシャ等南欧諸国救済のメカニズムを整え、知恵を絞って何とか危機を乗り切った。しかし当時、メルケル首相の指導力不足を批判する声はあっても、そのリーダーシップを称賛する声はなかった。

 難民危機では、メルケル首相は、おそらくその治政の14年にあって初めてと言っていいほどの果敢さで難民受け入れを主導した。「人道を旨とする欧州は苦難の難民を見殺しにするわけにはいかない」。しかし、100万をも超える難民が押し寄せた時、各国では異民族排斥の嵐が巻き起こり、社会不安が全土を覆った。欧州は、今に至るも、その政治体制が根底から揺さぶられる事態を経験することになる。ポピュリズムの跋扈(ばっこ)だ。各国でポピュリスト政党が躍進し、中には政権に参加するところも出てくる。難民受け入れに向けたメルケル首相のリーダーシップが「失敗」だったかどうかは別として、少なくとも今日の欧州政治の混迷がこの時から始まったのは確かだ。

 つまり、メルケル首相にはアデナウアーやコールに匹敵する「功績」がない。では、メルケル首相はこれといった功績もなく、ただ単に長いだけの首相だったのか。

 それを考えるには、メルケル首相の14年間、ドイツはいったいどういう国だったのかを振り返る必要がある。

 メルケル首相就任の2005年の時点で、ドイツはなお「欧州の病人(Sick man of Europe)」と揶揄されていた。あの、世界に冠たる経済大国の西独が、1990年再統一を機に極度の不振に陥り長く苦しんだ。他でもない、統一の負担がドイツに一気にのしかかったのだ。毎年、旧東独再建のため巨額の財政支出を行った。さしものドイツも悲鳴を上げざるを得ない。それが2005年まで続いた。そういうドイツに、ようやく明かりが見えだしてきたのが2006年頃からだ。要因は二つあった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

1953年生まれ。東京大学法学部卒業。在南アフリカ大使館公使、在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校グローバルセキュリティーセンター教授等を経て、現在、早稲田大学社会科学総合学術院非常勤講師。著書に『東ティモールの成功と国造りの課題』(創成社、2015年)、「スイスが問う明日の日本」(刀水書房、2018年)等。

花田吉隆の記事

もっと見る