メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

台湾「新政治」の現在から見るれいわ新選組の課題

カリスマリーダーのもとで党組織と政策をいかに整備していくが問われている

許仁碩 北海道大学法学研究科博士課程在籍(法社会学).コラムニスト

拡大立法院占拠運動はひまわりがシンボルとなった=2014年3月26日、台北

 2014年3月、台湾の学生たちが台湾の国会にあたる立法院を占拠した「ひまわり運動」は、その後の台湾政界で「新政治」と呼ばれたブームにつながり、大きな期待と注目を集めた。ここでは、この5年間の台湾の「新政治」の経験を振り返り、日本の参議院議員選挙で脚光を浴びた、新党「れいわ新選組」のゆくえを占う参考にしてみたい。台湾の「新政治」とれいわ新選組には、いくつかの共通点がみられるからだ。

当事者性とカリスマ性で無党派層から支持

 2014年3月、立法院が「海峡両岸(台中)サービス貿易協定」を強行採決したことに抗議し、学生らによる立法院の占拠にまで発展した。この「ひまわり運動」と呼ばれた立法院の占拠は約3週間続き、3月30日の集会では50万人(主催者発表)が参加した。この大規模な運動をうけ、政府は協定の審査を断念し、成果を収めた運動は立法院から自主的に退去したのである。

 オキュパイは終わったが、大衆運動から生まれた波は収まっていなかった。同年11月の統一地方選で、運動が野党の追い風になり、与党国民党は大敗を喫し、首都.台北市長選では大差で無所属の柯文哲氏が勝利した。与党候補連勝文氏は元副総統連戦氏の息子であり、国民党の資金力で主流メディアの広告をほぼ独占していた。それに対し、柯氏は政策、組織面に当時の野党民進党の支持を受けながら、ネット中心に宣伝を展開し、「オープンな政府」、「本当に、変える」を訴え、若者を中心として無党派層から支持を集めた。

 柯氏の当選に続き、2016年1月の立法院選挙で、新政党「時代力量」は一挙に5議席(選挙区3、全国比例区2)を獲得した。これは、既成政党からの分党でもない完全な新党として、前人未到の快挙といわれた。「時代力量」という党名は、「時代」(ひまわりも含む一連の大衆運動)から生まれた「力」を意味する。「時代力量」は選挙区で民進党と連携を取りながら、運動と関わってきた弁護士、活動家や当事者などカリスマ性がある人物を立候補させ、民進党より進歩的な政策を打ち出し、「左から民進党を引っ張るわが党が必要」と訴え、フレッシュなイメージで柯氏を支持した若者や無党派層の票を得たのだ。

 ひまわり運動から数年の間、台湾政界に「新政治」といわれるブームが起きる。2016年1月、立法院選挙とのダブル選となった総統選挙で、民進党の蔡英文氏が国民党候補らを破る政権交代にもつながった。しかし「新政治」を代表する柯氏と「時代力量」は、その後シビアな試練に直面することになった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

許仁碩

許仁碩(シュ ジェンシュオ) 北海道大学法学研究科博士課程在籍(法社会学).コラムニスト

1987年生まれ。台湾出身。国立台湾大学法学部、社会学部ダブルメジャー、国立台湾大学法学研究科修士。主に警察と社会運動を研究。国立台湾大学労働組合事務局やNPO法人台湾人権促進会法務主任を歴任。現NPO法人東アジア市民ネットワーク台湾事務局長、歴史問題や国際交流に取り組んでいる。東アジアにおける政治情勢、社会問題、警察政策を中心として「鳴人堂」(Udn opinion)、「轉角國際」(Udn global)、「蘋果日報」(Apple daily)でコラムを執筆。「端傳媒」(Initium Media)などデジタルメディアにも寄稿。訳書に『憲法九條:非戰思想的水脈與脆弱的和平』(原題:『憲法9条の思想水脈』山室信一著)。