メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

山川健次郎と日米親善/『書簡集』が示す真実

初めて公開される書簡の現物・控え・草稿から読み解く

小宮京 青山学院大学文学部准教授

拡大mTaira/shutterstock.com

 山川健次郎という人をご存じでしょうか? 明治維新に際し“賊軍”とされた会津藩出身でありながら、日本初の理学博士となり、東京帝大総長を務め、昭和天皇の教育に携わるなど、近代日本の教育界に大きな足跡を残した人物です。山川氏に注目することで、近代日本を「敗者」の視点から読み直すことができるという小宮京・青山学院大学文学部准教授が、氏の遺族や関係者の協力を得つつ、一次資料に基づいて、その足跡を明らかにするシリーズ。3回目は彼が残した「書簡」を読み解きます。

東京帝国大学総長時代に着目

 会津出身で、東京帝国大学総長、九州帝国大学初代総長、京都帝国大学総長を歴任した山川健次郎について、会津の歴史観の形成に大きく寄与したことや(「会津の歴史認識と山川健次郎」) 、旧会津藩主の松平容保の孫にあたる松平節子と、昭和天皇の弟宮である秩父宮雍仁親王との結婚に際して裏面で活躍したことなど(「会津の雪冤と山川健次郎」)、その活動を紹介してきた。その際に用いたのは、ご遺族が所蔵されている世に知られていない資料だった。

 これまで2回は、会津出身者としての健次郎の活動に焦点を当ててきた。今回は、東京帝国大学総長時代の活動について見ていきたい。

 今回用いるのは、ご遺族の手元に残っていた『書簡集』と題された新出資料である。ご遺族の了解が得られたため、引用は必要最小限の範囲に留めつつ、紹介したい。

山川家による健次郎の遺稿編纂事業

拡大山川健次郎さん)
 山川健次郎が1931(昭和6)年に没すると、遺族は健次郎の業績を後世に伝えるために、遺稿の収集・編纂作業を行った。その成果は形になっている。

 一般に公開されているものとして、花見朔巳編『男爵山川先生遺稿』(故男爵山川先生記念会、1937〔昭和12〕年)という書籍がある。現在は、国会図書館近代デジタルコレクションで広く公開されている。

 同書の「緒言」に記された刊行の経緯を確認すると、山川家が健次郎の遺稿出版を計画していたが、その事業を伝記編纂会が継承したと説明されている。ちなみに「伝記編纂会」の事業は、花見朔己編『男爵山川先生伝』(故男爵山川先生記念会、1939〔昭和14〕年)という書籍に結実した。

 一方で、山川家の編纂作業も継続していた。その一部は、ご遺族宅に所蔵されている「遺稿 一~七」(以下、「遺稿」原稿と呼ぶ)として結実した。この「遺稿」原稿を選別した上で、製本したのが『山川博士遺稿』上・下巻(私家版)である。さらに、この『山川博士遺稿』の一部を抜粋したものが、会津若松市立会津図書館が所蔵する、櫻井懋編『補遺(未定稿)山川健次郎博士遺稿』(私家版、1969〔昭和44年〕)である(小宮京・中澤俊輔「山川健次郎「遺稿」の基礎的考察」『青山史学』第35号、2017年)。

 これら未公刊の「遺稿」は、山川家やその関係者が、健次郎の原稿や談話、原稿類をまとめたものであった。

 それ以外にも山川家による編纂作業が実施されていた。健次郎による書簡を編集したのが、今回紹介する『書簡集』という位置づけになる。


関連記事

筆者

小宮京

小宮京(こみや・ひとし) 青山学院大学文学部准教授

東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。専門は日本現代史・政治学。桃山学院大学法学部准教授等を経て、2014年から現職。著書に『自由民主党の誕生 総裁公選と組織政党論』(木鐸社)、『自民党政治の源流 事前審査制の史的検証』(共著、吉田書店)『山川健次郎日記』(共編著、芙蓉書房出版)、『河井弥八日記 戦後篇1-3』(同、信山社)など。

小宮京の記事

もっと見る