メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

本当にこの国は先進国なのかい?

8月8日(木) 朝、早起きしてプールへ。アルコールを抜く。30分以上ゆっくりと泳ぐ。テレビは朝から小泉進次郎/滝川クリステル結婚&妊娠を延々と報じ続けている。今日の午後にも婚姻届を出すというので、横須賀の小泉家の実家前に中継車が配置されている。たくさんの報道陣。

 そんな中、テレビ朝日のワイドショーをみていたら、木村草太氏、福田充氏らが出ていて、あいちトリエンナーレの展示中止問題を取り上げていた。かなりしっかりと内容を精査していた。東京芸大の毛利嘉孝教授の見解も紹介されていた。「先進国として恥ずかしい」と玉川徹氏が吐露していたが、本当にこの国は先進国なのかい? 

 パソコンがいかれてしまった。調子が悪い。20時からCSの「ニュースの視点」の収録。レバノン映画『存在のない子供たち』と、さいたまネクスト・シアターの『朝のライラック』を紹介しながら、中東世界の難民・IS支配下の人々を考える企画「見えざる人々に目を向ける」。N君が頑張って仕上げてくれた。ISの問題は終わっていないし、ましてや難民の問題は現

・・・ログインして読む
(残り:約1626文字/本文:約3409文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る