メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

韓国に「上から目線」のワイドショー、酷くない?

日本の「嫌韓」に対し、韓国は「嫌日」になっていません!

藏重優姫 韓国舞踊講師、日本語講師

拡大8月14日に参加した西大門刑務所での「光復節」のイベント。韓国伝統音楽の公演も行われた。この刑務所は植民地時代、韓国人(朝鮮人)が投獄され拷問され処刑された所で、今は見学ができるようになっている。
 日本に生まれ、今は韓国で暮らす「日韓境界人」である私の歩みは『日本人よ、韓国人よ、在日コリアンよ、私は私だ!』をご参照いただきたいが、そんな私からして最近気になるのは、日本のワイドショーである。

 ソウルの自宅で見た日本のワイドショー。韓国のGSOMIA破棄の件で、コメンテーターの一人が韓国側に立ってポジティブな意見を述べようと、ソウルの繁華街で「NO JAPAN」の垂れ幕が撤去されたことを持ち出し、日本人に配慮したんだと意見を述べました。そしたら、その意見をはね飛ばそうと、別のコメンテーターが「お金のためでしょ。日本人観光客が来なかったら儲からないもんね」と言ったのです。

 しばらく二人の応酬が繰り広げられた後、すこし中立な物言いをしようとする第三のコメンテーターが「韓国の人は本音と建前、裏と表みたいなのがあるんですよ。本当は日本の事好きなんですよね」と割り込みました。

 そこで司会者は切りが良いようにこの話題を終了。

 ええ~っ! そこで終わる!?

 「お金のため」と「日本が好きだから」で片付けられてしまったのです。

 日本のコメンテーターを始め、日本の番組作りは、韓国に対して、上から目線。北朝鮮に対しては、薄ら笑い。

 そう思うのは私だけでしょうか。「なんだかな~」と情けなくなるのです。

 私は数年前から、ほとんどワイドショーを見なくなりました。最近は、アナウンサーや司会者が「上」や「大人の事情」を気にして中途半端なコメントをするニュース番組も見ません。

客観的で冷静な「好き」にリスペクト

 私には、韓国語会話の授業をして二年にもなる韓国人の知り合いがいます。

 毎朝一時間、韓国語で会話をします。話題は、時事問題やサブカルチャー。毎日ですからほとんど何でも話題になります。時には、涙が出る個人的な話に及ぶことも。彼女とは、相性が良く互いに信頼しているから毎日お話が続くのです。

 彼女は、世界各地をよく旅行します。日本も年に数回は訪れ、私よりよく知っているくらいです。

 そんな彼女は言います。

「私、日本のこと好き、いや……文化は好き……分かるでしょ……」

 そら、好きだからこそ何度も日本を訪れるのですが、この「好き」は、そうしか表現方法が無いから「好き」という言葉を使うんだと私は捉えています。

 例えば、誰かから「私の事好き?」と聞かれたと考えてみてください。

 「そら、好きだけど、『好き』の定義は?」とか、100%じゃないけど……とりあえず「好き」と応える時ってありませんか。

 その「好き」に似ています。ちょっとヘンな例ですが、私、真面目なんで、子どもから「好き?」と聞かれても、一瞬考えてしまうんです。

 「そら好きだけど、大きな声で礼儀正しく挨拶できないところとか、整理整頓しないところとかはあんまり好きじゃないんだけどな」って。でも、とりあえず「好きだよ」って応えますよね。

 やや内輪話になりましたが、要は、彼女の「日本、好きです」の「好き」はそう単純じゃないってこと。過去、日本が韓国にしたことも、いま「上から目線」であることも、彼女はちゃんと知ってるんです。

 その上での「好き」なんだから、私、「客観的だな~、冷静だな~」って、いつも思っているんです。リスペクトすら覚えるんです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藏重優姫

藏重優姫(くらしげ・うひ) 韓国舞踊講師、日本語講師

日本人の父と在日コリアン2世の間に生まれる。3歳からバレエ、10歳から韓国舞踊を始め、現在は韓国にて「多文化家庭」の子どもを中心に韓国舞踊を教えている。大阪教育大学在学中、韓国舞踊にさらに没頭し、韓国留学を決意する。政府招請奨学生としてソウル大学教育学部修士課程にて教育人類学を専攻する傍ら、韓国で舞台活動を行う。現在、韓国在住。日々の生活は、二児の子育て、日本語講師、多文化家庭バドミントンクラブの雑用係、韓国舞踊の先生と、キリキリ舞いの生活である。

藏重優姫の記事

もっと見る