メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

護憲派は国民を信じていない

井上達夫インタビュー(下)立憲的改憲こそ安倍改憲への対抗策だ

石川智也 朝日新聞記者

立憲主義を守るには9条改正が必要

 ――憲法学界では自衛隊違憲論がかつては主流で、なお多数説と言えますね。

 護憲派の中でも原理主義的護憲派が多数派だと思いますが、こちらの欺瞞は修正主義的護憲派よりもなおひどい。彼らは憲法解釈においては原理主義的ですが、政治的にはご都合主義です。

 9条をまもれと言うなら、彼らの解釈は非武装中立なのだから自衛隊廃止や安保破棄を主張しなければならない。しかし、1960年安保闘争終焉後は、原理主義的護憲派も専守防衛・個別的自衛権の枠内で自衛隊を政治的には容認する立場に変質しました。いや、容認しているだけではなく、ちゃっかりその便益を享受している。違憲だけど政治的にはOKと言う自分たちの立場を「隠された本音」としてもつだけでなく、このことを明言している論客もいます。

 専守枠内の自衛隊・安保を受容しながら、憲法9条を固守して「違憲だ、違憲だ」と言い続けることが、自衛隊の肥大を止め専守枠内で維持するのに有効なのだという政治的戦略論が彼らの立場ですが、9条がもはや自衛隊・安保の肥大化抑止機能をもっていないことはすでに触れました。そもそも、南スーダンに自衛隊を派遣したのも、ジブチに自衛隊の常駐基地を設立したのも、護憲派が支持した民主党政権ですよ。

 原理主義的護憲派は、自分たちの欺瞞を糊塗するために、理想と現実の矛盾に問題はない、現実と反しているからこそ理想としての意味を持つのだ、などと主張しているが、これも欺瞞に欺瞞を上塗りするものです。

拡大共産党の志位和夫委員長
 原理主義的護憲派の立場に今は立つ共産党の志位和夫委員長は、「国民の圧倒的多数が、自衛隊がなくても大丈夫と思う日が来るまで自衛隊を保持する」と明言している。日本人に多少とも現実感覚があるなら、一握りの人たちを別として圧倒的多数が「自衛隊はなくても大丈夫」と思う日は、少なくとも、予想しうる将来にはこないでしょう。来るかどうか分からない、来るとしてもいつ来るかわからない日が来るまで、締切なしに、すなわち無期限に自衛隊を容認するということは、いつまでも自衛隊を容認するというのと変わらない。彼らは「護憲派」を称しているけれど、実際には自衛隊に永遠に違憲の烙印を押し続けることで、違憲状態を固定化しようとしている。これは憲法の規範性に対する最大の侮辱で、立憲主義を堀り崩すものです。

 自衛隊・安保を廃止して非武装中立を求める「一握りの人たち」はいるでしょうが、彼らの姿勢も欺瞞的です。非武装中立というのは、絶対平和主義ですが、これは不正な侵略を容認する立場ではありません。侵略されたら逃げよう、白旗振って降参しようというのは、侵略のインセンティヴを高めるもので絶対平和主義にとって自壊的です。絶対平和主義は、武力侵略に対しては非暴力抵抗で断固闘う立場です。

 「一握りの人たち」が、殺されても殺し返さない、そういう峻厳な非暴力抵抗の自己犠牲を背負う覚悟を、本当にもっているかは疑問です。彼らの多くは口先では非暴力抵抗を主張しても、本音では「理想に反した現実」たる自衛隊・安保に寄生している。

 もちろん、本当に誠実な非暴力抵抗論者もいるでしょう。しかし、この立場の原理的な問題は、それが求める「殺されても殺し返さない」という峻厳な自己犠牲が、通常人を超えた聖人の道徳で、倫理学では「義務以上の奉仕(supererogation)」と呼ばれるものだということです。

 これは、自ら自発的に引き受けるなら称賛されるが、引き受けなくても不正と非難されない奉仕です。非暴力抵抗論者は、自らこの自己犠牲を引き受けるのはよいとしても、武力侵略に対しては武力をもって闘い自分の家族と同胞を守るという人たちに対して、それを禁じることはできないということです。

 一切の戦力の保有・行使を明示的に禁じる憲法9条は、首尾一貫した形で理解しようとするなら、絶対平和主義の思想に依拠していると言うしかありません。しかし、これは「義務以上の奉仕」を義務付けるものであって、倫理的には正当化できません。

 だからといって一般の護憲派のように、9条を解釈改憲や違憲事態固定化論で空文化させるのは立憲主義に反します。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

石川智也

石川智也(いしかわ・ともや) 朝日新聞記者

1998年、朝日新聞社入社。社会部でメディアや教育、原発など担当した後、特別報道部を経て2021年4月からオピニオン編集部記者、論座編集部員。慶応義塾大学SFC研究所上席所員を経て明治大学ソーシャル・コミュニケーション研究所客員研究員。著書に『さよなら朝日』(柏書房)、共著に『それでも日本人は原発を選んだ』(朝日新聞出版)、『住民投票の総て』(「国民投票/住民投票」情報室)等。ツイッターは@Ishikawa_Tomoya

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

石川智也の記事

もっと見る