メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

アメリカのオケが法律家の僕に教えてくれた事・上

社会的影響を与える存在を目指すLAフィルがロス市民に受け入れられているわけ

倉持麟太郎 弁護士

拡大ロサンゼルス・フィルハーモニックの本拠地のウォルトディズニーコンサートホールの内観=2019年5月、筆者撮影

アメリカで特異な花を咲かせるオーケストラ芸術

 「カラヤンの音楽はコカ・コーラ」

 これはリハーサルの厳しさと、禅問答のような語りで有名だった指揮者セルジュ・チェリビダッケが、カラヤンの音楽は形だけ、商業主義的で音楽の本質を捉えられていないという趣旨の批判として、インタビューで言い放った言葉である。

 クラシック音楽の本質は「売れれば良い!」の大量生産大量消費の対極にある。商業主義の象徴としてコカ・コーラを比喩的に使い、カラヤンを批判したのである。

 しかし、本稿は、あえてそのコカ・コーラの国・アメリカ、商業主義的このうえないアメリカにおけるクラシック音楽、特にオーケストラ芸術の役割が、クラシックの本家ヨーロッパを離れ、特異な花を咲かせている現状を記したい。

 なぜなら、アメリカにしか咲かないオーケストラ芸術の花をめぐる様々が、オーケストラという枠組みを超え、現代の法や政治、ひいては現代社会の抱える様々な問題を解決するヒントをくれるからだ。

拡大ロサンゼルス・フィルハーモニックの音楽監督を務めるグスターボ・ドゥダメル氏=2019年3月20日、東京都港区
 法律家の私にそうしたヒントをくれたのは、若きベネズエラ人指揮者(この人、若きベネズエラ指揮者グスタヴォ・ドゥダメルの自由の戦士としての権力との戦いを、私は以前、論座「ベネズエラ人指揮者は『自由の戦士』として闘う」に書いている)を音楽監督に据え、“未来のオーケストラ”を標榜するロサンゼルス・フィルハーモニック(以下「LAフィル」という)であった。それでは、LAフィルCEOのSimon Woods(サイモン・ウッズ)氏と演奏会のプログラミング担当COOであるChad Smith(チャド・スミス)氏の話から本稿を始めよう。

筆者

倉持麟太郎

倉持麟太郎(くらもち・りんたろう) 弁護士

1983年、東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒業、中央大学法科大学院修了。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。弁護士法人Next代表弁護士・東京圏雇用労働相談センター(TECC)相談員として、ベンチャー支援、一般企業法務、「働き方」等について専門的に取り扱うも、東京MX「モーニングクロス」レギュラーコメンテーター、衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考人として意見陳述(2015年)等、企業法務実務の傍ら、憲法理論の実務的実践や政策形成過程への法律実務家の積極的関与について研究。共著に『2015年安保~国会の内と外で~』(岩波書店、2015)、『時代の正体2』(現代思潮新社、2016)。

倉持麟太郎の記事

もっと見る