メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

移民の国アメリカで体験する移民・難民の「現実」

日本人には分かりにくい異文化・異環境の人々との接し方を考える

酒井吉廣 中部大学経営情報学部教授

拡大Craig F Scott/shutterstock.com

 朝日新聞デジタルの9月2日版に「ハーバード大合格の難民、米が入国拒否 理由はSNSか」が、続いて9月3日版には「ハーバード合格の難民、一転入国認められる 無事入学へ」が掲載された。具体的には、レバノンに住むパレスチナ人の男子学生が8月23日、アメリカからいったん入国を拒否されたものの、NPO等の支援組織の努力もあって9月2日に入国を認められたというものだ。まずはハッピーエンドの話である。

 彼に関する記事は、9月4日のニューヨーク・タイムズにも掲載された。同紙はリベラルなメディアで、この問題の根深さを陰に陽に掘り下げている。

 このような学生の例は、日本人にとっては珍しく興味深い話ではあるが、アメリカでは過去から現在まで日常茶飯事である。逆にこれが新聞に掲載されるということが、2001年の9・11テロ事件以降、イスラム教徒への対応が厳しさを増す流れがトランプ政権になって一段と加速している現実を、あらためて感じさせる。

 アメリカで生活していると、移民は当然として、難民との接点ができることも少なくない。ことに企業経営等をしていると、彼らの私生活に触れる機会が増え、難民や移民と言っても、出身国によってアメリカに来てからの立場や生き方が異なる事実がわかる。

 日本も今後、移民の受け入れ拡大はもとより難民が増える可能性もあるだろう。そのときのために、本稿では筆者の経験を書いておきたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

酒井吉廣

酒井吉廣(さかい・よしひろ) 中部大学経営情報学部教授

1985年日本銀行入行。金融市場調節、大手行の海外拠点考査を担当の後、信用機構室調査役。2000年より米国野村証券シニア・エグゼクティブ・アドバイザー、日本政策投資銀行シニアエコノミスト。この間、2000年より米国AEI研究員、2002年よりCSIS非常勤研究員、2012年より青山学院大学院経済研究科講師、中国清華大学高級研究員。日米中の企業の顧問等も務める。ニューヨーク大学MBA、ボストン大学犯罪学修士。

酒井吉廣の記事

もっと見る