メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

裁判史の恥辱・永渕健一裁判長「東電無罪」判決

[156]東京地裁、「表現の不自由展・その後」、昭和天皇「拝謁記」……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

9月17日(火) 午前中、「報道特集」の定例会議。今週は木曜日に、強制起訴された東京電力旧経営陣の刑事裁判で判決が言い渡される。これはきちんとやった方がいいとのディレクターの判断に大いに賛成だ。僕は裁判の傍聴から遠ざかっていたが、海渡雄一弁護士は強気の見通しをもっておられるようだ。東京電力社員の証言を法廷で得られたことの意味が大きいと踏んでいるのだろう。

 午後3時からペンクラブ理事会。「表現の不自由展・その後」中止の件で少し発言する。ペンクラブもいろいろ政治的な内部対立があって、各委員会の構成なるものをみて、いろいろなことを考えさせられた。一言で言えば排除の原理。見逃していたNHKの「クローズアップ現代+」の「表現の不自由展・その後」をめぐる回をみる。丸木美術館の学芸員・岡村幸宣さんがスタジオ出演していて、説得力のある意見を開陳していた。NHKは偉い。このネタをちゃんと取り上げているものな。逆に言うと、とりあげられない民間放送の報道番組の方がどうかしているのだ。

NHKの「クローズアップ現代+」拡大NHK「クローズアップ現代+」の公式サイトより

 夕方、文京区民センターで、その「表現の不自由展・その後」実行委員会のメンバー5人が勢ぞろいする形での集会が行われた。思うところがあって取材に行く。先日の名古屋での集会と基本的には同じだが、多少、主張が整理されたようだった。N君にCSでの放送化を相談して撮影の一部を頼む。会場はほぼ満杯になっていた。関心の高さがうかがえる。その後、神保町のYに行く。

9月18日(水) 朝、早起きしてプールへ行き泳ぐ。じっくりと長く泳ぐ。膝が徐々に良くなってきたような気がする。あしたの東電裁判の予習。地震学の権威・島崎邦彦東大名誉教授に判決後にお話を聞くことになっている。

 夕刻から神保町で打ち合わせ。テレビの劣化。世論をつくっているのはワイドショーとネット。警察国家化した安倍改造内閣の布陣。その後、軽く飲酒したのだが、またもや携帯電話をお店に忘れてきてしまった。わりと早く気づいたので、取りに帰って事なきを得た。何やってんだか。携帯電話を首からぶら下げておくストラップが売られているそうだが、首からものをぶら下げるのは基本、好きじゃない。何だか縛られているような気分になるのだ。腕時計もついつい外してしまう。それでも携帯を忘れまくるよりマシか。本当は携帯なんか持っていたくないのだが、もはやこれなしには仕事が成り立たない。いやな世の中になったもんだ。これは進化か。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る