メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

関西電力事件、菓子箱の底に金の小判って何さ?

[158]福井県小浜・高浜、関西電力記者会見、過労死したNHK記者を考える会……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

10月1日(火) 午前中の「報道特集」の打ち合わせはパスして、関西電力の金品受領事件の取材で福井県の小浜と高浜へ移動。いくつかの予定をキャンセルしながら移動。東京から福井は本当に遠いのだ。感覚的には沖縄の方がずっと近い。移動時間で。新横浜駅を7時52分発の新幹線で米原へ。そこから北陸本線、小浜線で小浜へ。

 小浜で目指すは明通寺だ。このお寺に来るのは何年ぶりか。大飯原発再稼働の時だった気がするからもう6年ぶりか。明通寺は、大同元年(806年)に、坂上田村麻呂によって創建されたと伝えられている古い由緒あるお寺だ。本堂と三重塔は国宝に指定されていて一見の価値がある。山あいの中にあって静かだ。こころが洗われる。

 ここに来たのは住職の中嶌(なかじま)哲演さんを取材するためだ。「関西電力良くし隊」を名乗る関電の原発マネー還流の「内部告発文書」が中嶌さんの所属する反原発市民団体(福井から原発を止める裁判の会)に郵送されてきていた事実を中嶌さんからお聞きしていたので。その文書の実物と封筒などを見たいと思ったのだ。今回はKIディレクターらとの道行き。封筒の実物はみつからなかったが、コピーが残っていた。関電本社の住所で差出人は「関西電力良くし隊」。消印は大阪だったそうだ。

関電本社前で「反原発」を訴える中嶌哲演さん=5月17日、大阪市北区 20170年5月拡大関電本社前で「反原発」を訴える中嶌哲演住職=2017年5月

 中嶌さんたちは小浜や高浜などを拠点に原発に反対する運動を長年にわたって繰り広げてきた。地域では少数派だが、こころざしに揺るぎはない。「良くし隊」はその市民運動の事務局の住所を知っていたのだ。文書は2種類だと思っていたら、KIディレクターが他の2種類の文書に気づき、全部で4種類あることがわかった。新たな2通は「最後通牒」となっていて、差出相手は関電の監査役になっていた。

 文書の中身は、金品を受け取っていた経営幹部の実名や、社内の「コンプライアンス委員会が隠蔽作戦会議と化している」などとあり、会社の実情にある程度精通した人物からのものと思われる。中嶌さんのお仲間の方2人にもお話をうかがった。今年の3月に死去した森山栄治高浜町元助役のことを「虚勢を張っていただけで、実際は小心者だった」と見立てていた。

 その後、高浜町在住の方の案内で高浜町内を回る。高浜町役場は、御殿みたいに立派で、内部に入ると、杉の木をたくさん使ったお洒落な設計になっていた。なるほど公共施設は立派だ。原発立地に共通の特徴だ。その後、共産党のW町議に話を聞きに行くと、メディアが列をなしているような状況。そこでの話は森山元助役の権勢についてだったが、ひとつの背景として同和問題を持ち出されていた。いろいろな出来事があったらしいが、同和問題とこの金品受領事件を簡単に結びつけると、一種の陰謀史観に陥るおそれがあると、話を聞きながら思った。高浜町で会合があると、森山元助役のコーヒーカップだけは皿がついていたとか。

高浜町役場拡大豪華な高浜町役場の建物

 その後、この助役が関わっていた「吉田開発」などいくつかの企業をみて回る。他社が取材に来ている。暗くなってきて最後に、森山氏の実家を見て回ったが、ブロック塀で囲われた敷地は広大で、どこか異様な感じがした。高浜町は原発マネーなしではもはや成り立たない町になっていることは今日だけでも感じ取れる。一日中移動しまわって、少しばかり疲れた。何の飾り気もないビジネスホテルのベッドですぐに眠りに落ちた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る