メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

習近平の大いなる変身

中国建国70周年式典の演説は8分。「新時代」も「強国」もなし。一体何が起きたのか

冨名腰隆 朝日新聞記者 中国総局員

わずか8分の演説

 中国の建国70周年を祝う式典は、10月1日に北京の天安門広場周辺で盛大に開かれた。それから2週間以上が経ったが、まだ心のもやもやが晴れない。

 式典に続く軍事パレードには1万5千人以上の兵士が参加し、装甲車両など計580台と航空機計160機が登場、うち4割が初公開という過去最大規模で行われた。最高指導者として間もなく8年目を迎える習近平国家主席(共産党総書記)にとっても、自らの威信を内外に示す重要な舞台であったことは言うまでもない。

 式典の開始を告げる70発の礼砲が響き渡った後、人民服姿の習氏は天安門楼上のマイクの前に立った。70年前、毛沢東が中華人民共和国の成立を宣言した、まさにその場所である。

 習氏はおそらく、自らの名を冠した「新時代の中国の特色ある社会主義思想」の実現や、建国100年の2049年への目標として掲げる「現代化強国」を力強く訴えるであろう――。

 私は、そんな予想をしつつ、演説に耳を傾けた。

 ところが、習氏は祖国復興への喜びや発展を支持する世界への感謝こそ口にしたが、そこには「新時代」も「強国」もなかった。時間にして、わずか8分10秒。予定されていた10分にも満たず、淡々とした語りのうちに「万歳」で締めた習氏の振る舞いに、私はあっけに取られた。

拡大中国建国70周年の祝賀式典でオープンカーに乗り込み、閲兵する習近平国家主席=2019年10月1日、北京、新華社

 習氏は元来、雄弁な指導者である。

 2年前の第19回党大会で、習氏の政治報告は異例の3時間半にも及んだ。この時の演説も新味があったわけではないが、「新時代」の到来を35回も繰り返す習氏の意気盛んな様子を、私を含め会場にいた全ての人が驚きをもって見つめていた。舞台上では我慢しきれず中座する幹部が続出。ようやく演説を終えて席に戻った習氏に、隣の胡錦濤前国家主席が「長いよ」と言わんばかりに腕時計を示したのは、忘れられない場面だ。

 今回も習氏の両側には党大会と同様に歴代の幹部が並び、天安門楼上には76歳の胡氏のほか、93歳の江沢民元国家主席、102歳の宋平元政治局常務委員らの姿があった。短い演説は彼らへの配慮のようにも感じるが、そうではない。高齢の元幹部らが参加していない前日の建国祝賀会でも、習氏は5年ぶりに演説したが、その分量は前回と比べて4割程度にカットされていた。理由が他にあることは明らかだ。

 式典の演説後、私は党や政府の関係者に聞き回っているが、少なくとも疑問を投げかけた中で得心する説明をしてくれた人に、まだ出会えていない。「気にしすぎだ」という人さえいたが、習氏が晴れ舞台において控えめな発信をしたことは、無視できない事実である。

 現時点ではどこまでも推測の域を出ないが、習氏のねらいを私なりに考察してみたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

冨名腰隆

冨名腰隆(ふなこし・たかし) 朝日新聞記者 中国総局員

1977年、大阪府生まれ。同志社大学法学部卒。2000年、朝日新聞入社。静岡、新潟総局を経て2005年に政治部。首相官邸、自民党、公明党、民主党、外務省などを担当。2016年に上海支局長、2018年より中国総局員。共著に「小泉純一郎、最後の闘い ただちに『原発ゼロ』へ!」(筑摩書房)

冨名腰隆の記事

もっと見る