メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「欧州で最も成功した」ポルトガルの社会民主主義

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大ポルトガル・リスボンの街( INTERPIXELS/Shutterstock.com)
 10月6日に行われたポルトガル総選挙で、アントニオ・コスタ首相率いる社会党が勝利した。コスタ首相による4年間の実績が支持された。しかし、同じイベリア半島の隣国スペインはこの4年で4回の総選挙を繰り返す。2019年4月の総選挙の後、半年かけて行った連立交渉はとうとう結論を得ることなく、11月10日に再びやり直し選挙が行われることが決まった(拙稿「「連立交渉がまとまらない」スペインの混迷」参照)。その隣のポルトガルが、同じ中道左派政権ながら、国民の強い支持を受け政権基盤を強化したのと鮮やかな対照だ。両者の違いはどこにあったのか。

欧州の中道左派は衰退の一途

 そもそも、欧州で中道左派は衰退の一途にある。

 例えばドイツで、かつては40%を超える支持率を誇った社会民主党は今や14%あたりまで落ち、中道左派代表としての座を緑の党に譲った。緑の党は昨年来、人気急上昇中で、与党、キリスト教民主社会同盟と首位争いを繰り広げるまでになった。場合によっては、今年中にも緑の党首相の誕生さえある、との見方がないわけではない(拙稿「動き出したドイツ政治の地殻変動」参照)。社会民主党は党存亡の危機だ。

 社会民主主義に対する逆風の中、党の浮沈をかけ、なりふり構わぬ賭けに出たのがデンマークだ。賭けとは他でもない、極右の主張を自らの政策として大幅に取り込むことだ(拙稿「デンマーク総選挙が物語る欧州政治の「末路」」参照)。台頭著しい極右に対し、既存政党がいかに対するかは欧州政治の一つの焦点だ。あくまで極右排除にこだわる党もあれば、その主張を取り込み自らが右傾化した方が国民の支持を伸ばせると考えるところもある。オーストリア国民党は極右の主張を取り込んだ結果、支持率が急回復し、2017年に続きこの9月に行われた総選挙でも大勝した(拙稿「「ポピュリズム」か「環境」か」参照)。しかし、これは国民党という中道「右派」が極右の主張を取り入れた例だ。デンマークが世間を驚かせたのは、中道「左派」が極右の主張を取り入れたからだ。常識的には中道左派と極右とでは立場がかなり異なる。今や、追い詰められた社会民主党の窮状はそこまで来ているということだ。そういう中でのポルトガル中道左派の勝利である。いやが上にも関心を集めざるを得ない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

1953年生まれ。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、現在、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」(創成社)「スイスが問う明日の日本」(刀水書房)等。

花田吉隆の記事

もっと見る