メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「環境」が欧州を変える

スイス緑の党の躍進に見る欧州政治の潮流変化

花田吉隆 元防衛大学校教授

 その昔、社会党の土井たか子委員長は、総選挙で社会党が大勝した時「山が動いた」と言った。さながら今回、スイスで「アルプスが動いた」。10月20日の総選挙で緑の党が大きく躍進、前回2015年の選挙時から5.6ポイント増やし12.7%とした。スイスにはもう一つ「自由緑の党」がある。2007年、緑の党のうちの中道グループが分派してできた。これも前回から3ポイント増の7.6%だ。両党を併せ、前回比9ポイント増の20.3%となり、「環境政党」が下院で第二の勢力となる。これはかつてなかったことだ。

 第一党はこれまで同様、右派の国民党(25.8%)だが、こちらは前回から3.1ポイント減らした。国民党はこれまで反難民を強く訴え、さながら極右かと思われる主張を繰り返してきた。前回、国民党はこれまでで最も多い29.4%を獲得したが、これはいうまでもない、2015年の難民危機が背景にあった。スイス国民は押し寄せる難民の恐怖から国民党を支持したのだ。その国民党の主張は、今回、空振りに終わった。

イスラム難民に強い拒否感、国民党が政治の中心に

 スイスは古来、移民を積極的に受け入れてきた。ちょうど、欧州の中央に位置し、様々な民族が行き交う場所にあたる。移民や難民の行き先としてスイスは格好の位置づけにあった。第二次大戦後、戦後経済の苦しい中、イタリア等地中海諸国から多くの移民がスイスにやってきた。その後1990年代、ユーゴ危機が勃発した時、多くの難民がスイスに向かった。スイス居住者の2割が外国出身者になるに及び、さすがのスイス人も、これ以上受け入れてはスイスがスイスでなくなる、と拒否反応を示した。しかし難民の波はその後も収まらず、2000年代、中東の不安定化に伴い、イスラム難民が急増する。

 初め、地中海諸国から移民がやってきた時、スイス人はこれを違和感なく受け入れた。同じ欧州の人たちだ。やがてスイス社会に溶け込んでいくだろう。ユーゴ難民の時、やや事情が異なった。ユーゴはスラブでスイスとは違う。しかし、違和感は次のイスラムほどではなかった。イスラム難民がスイスに押し寄せた時、人々は強い拒否感を示した。イスラムはスイスと相いれない、彼らは異質な存在だ。

 そういう国民心理を国民党が捉えた。「スイスはスイス人のものだ、移民を受け入れるわけにはいかない。」当時のクリストフ・ブロハー副党首の演説はさながらトランプ大統領のスイス版だ。否、スイスはトランプ大統領に先立つ20年も前からこう言っていた。スイスの方がポピュリズムの「先進国」である。2003年、それまで議会で後塵を拝していた国民党は総選挙の結果大きく躍進、一躍第一党に躍り出た。以来、国民党はスイス政治の中で中心的役割を演じていく。2015年の難民危機は、そういう国民党の立場を一層揺るぎないものにしていった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

1953年生まれ。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、現在、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」(創成社)「スイスが問う明日の日本」(刀水書房)等。

花田吉隆の記事

もっと見る