メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

緒方貞子さんに聞いた20年前の忘れられない言葉

援助とは困っている人の傍らに行って助けること。札束で顔を引っ叩くことではない

山口 昌子 在フランス・ジャーナリスト

拡大在りし日の緒方貞子さん=2014年9月16日、東京都新宿区

 国連難民高等弁務官の緒方貞子さんが亡くなった。92歳だった。こういう人こそ、「文化勲章」に値いするのではないかと思った。1999年4月末にジュネーブのUNHCR事務所で取材した時のことを思い出したからだ。

 その時、緒方さんは怒っていた。私の取材の前に日本からやってきた経団連代表と面談していて、「お金の話ばかりだった。日本人はたくさんお金さえ出せばいいと思っている」と言い、総額2億ドルのコソボ難民支援額を決定した日本政府を歓迎しつつも、人的支援を強く訴えた。

 「日本の非政府組織(NGO)にもっと現地に来てほしい」
 「人を援助し、保護するには相当の犠牲が必要。その人の傍らに行かなければ、本当にその人を守ることはできない」

 援助は困っている人の傍らに行って助けること、札束で顔を引っ叩くことではない、という信念が透けてみえるようだった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在フランス・ジャーナリスト

産経新聞パリ支局長を1990年から2011年までつとめる。著書に『ドゴールのいるフランス』(河出書房新社)、『フランス人の不思議な頭の中』(KADOKAWA)、『原発大国フランスからの警告』(ワニブックスPLUS新書)、『フランス流テロとの戦い方』(ワニブックスPLUS新書)、『ココ・シャネルの真実』(講談社+α新書)、『パリの福澤諭吉』(中央公論新社)など。ボーン・上田記念国際記者賞、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞。

山口 昌子の記事

もっと見る