メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

人文学のススメ(完)他の人の人生を理解する学問

他の人々の視点を理解し、それらの人々と協力しながら共同の目標を達成するということ

徐正敏 明治学院大学教授(宗教史)、キリスト教研究所所長

*この記事は筆者が日本語と韓国語の2カ国語で執筆しました。韓国語版(한국어판)でもご覧ください。

他の人々の視点を理解し、協力して共同の目標を達成する

 2013年3月、韓国を訪問した当時のハーバード大学学長ドリュー・ギルピン・ファウスト(Drew Gilpin Faust)氏は、韓国メディアとのインタビューで次のように述べた(2013年3月18日韓国『聯合ニュース』インターネット版による)。

 すべての学問のなかで人文学が基本であると思う。私の人生で最も重要な教えを与えてくれたのは高校時代の先生たちだ。

 ドリュー・ギルピン・ファウスト氏は、1636年に設立された米国の最も古い大学であり、世界最高の教育水準を誇るハーバード大学における最初の女性学長(第28代)として知られる。彼女は2007年10月に学長に就任したが、これがはじめての韓国訪問であった。

 自らを歴史学者だと紹介した彼女は、ハーバード大学と韓国の縁、ハーバード大学に留学した韓国の学生たちの長所、望ましい人物像などについて率直に話した。

 そのうえで、ファウスト学長は学問の基礎として人文学を学ぶことの意義を強調し、人間が生きていくなかで最も重要な徳目として、「他の人々の視点を理解し、それらの人々と協力しながら共同の目標を達成すること」を挙げた。

 彼女にとって、高校時代の国語(英語)の先生たちは、「考えて文章を書くこと」を教えてくれただけでなく、「人生をどのように生きるべきか」を教えてくれたという。

 ハーバード大学は人文学を特に重視する大学であるということだが、自然科学と工学のテクノロジーを重視する現代世界にあって、なぜ人文学を前面に押し立てるのかという質問には、このように答えた。

 すべての学問の基本は人文学であると思う。人文学は心の中に何か良い習性を植えつけてくれる。人文学は、いくつかの気になることに出あったときにそれをみる仕方とか、他の人の人生を理解する仕方を教えてくれる。
 ある物事を認識するときには、関係性のなかで理解することこそが重要である。自分だけの世界を超えて理解しなければならない。それは時間の次元においても空間の次元においても同様である。人文学を通じてそのようなことが可能になる。

 ハーバードの学長の発言だから特別だというのではない。ハーバード大学が人文学を重視しているからそうすべきなのだということでもない。インタビューのなかで、筆者が特別に共感する部分はつぎのようなことである。

 人文学はすべての学問の基本であるとはよく言われるが、なぜそうであるのかについて、人によって説明がまちまちである。彼女は人文学を「他の人々の視点を理解し、それらの人々と協力しながら共同の目標を達成すること」と意義づけた。つまり人文学は決して自己本位に加担しないという重要な発言をしたのである。

 そして「人文学は心の中に何か良い習性を植えつけてくれる。人文学は、いくつかの気になることに出あったときにその見方とか、他の人の人生を理解する仕方を教えてくれる」とも述べている。

 ドリュー・ギルピン・ファウスト氏は、人文学は他者の人生を理解する豊かな視点として作用すると述べている。つまり人文学は、時空のすべてにおいて自己を他者に開き、世界と他者を容認する豊かさを育てるということだ。

 これはまさに筆者の考えと一致する。

 そして上記にもまして、彼女の発言で筆者がもっとも賛意を表したいのは、高校の英語の先生(彼女には国語の先生)に関するくだりである。彼女は、先生たちに考えて文章を書くことを学び、人生をいかに生きるべきかを学んだという。考えて文章を書く方法と人生を生きる方法の連絡、そこに人文学の価値が集約されている。

 人文学的思考は高校時代までにすべて習得することが望ましい。人文学は基本中の基本だから、さまざまな学問の精神とその内在的意味として作用しなければならない。歴史学者としてのファウスト教授の人文学に対する理解を支持したい。

拡大数年前ハーバード大学での筆者=筆者提供

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

徐正敏

徐正敏(そ・じょんみん) 明治学院大学教授(宗教史)、キリスト教研究所所長

1956年韓国生まれ。韓国延世大学と大学院で修学。日本同志社大学博士学位取得。韓国延世大学と同大学院教授、同神科大学副学長、明治学院大学招聘教授、同客員教授を経て現職。アジア宗教史、日韓キリスト教史、日韓関係史専門。留学時代を含めて10年以上日本で生活しながら東アジアの宗教、文化、社会、政治、特に日韓関係を研究している。主なる和文著書は、『日韓キリスト教関係史研究』(日本キリスト教団出版局、2009)、『韓国キリスト教史概論』(かんよう出版、2012)、『日韓キリスト教関係史論選』(かんよう出版、2013)、『韓国カトリック史概論』(かんよう出版、2015)、『東アジアの平和と和解』(共著、関西学院大学出版会、2017)など、以外日韓語での著書50巻以上。

徐正敏の記事

もっと見る