メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

歴代最長になる安倍政権の幕の下ろし方を考える

11月20日に憲政史上最長になる安倍政権もいつか終わる。その日をどう迎えるか……

鈴村裕輔 名城大学外国語学部准教授

拡大「桜を見る会」に関する質問に答える安倍晋三首相=2019年11月15日、首相官邸

 11月20日、安倍晋三首相の内閣総理大臣としての在任期間が桂太郎の通算2886日を抜き、1885(明治18)年の内閣制度発足以来、歴代最長となる

 第1次内閣を組織して1年後、2007年9月26日に総辞職した際には、誰もが安倍氏の政治家としての経歴が終わったと思ったし、2012年12月26日に第2次内閣が発足した際も、本人の意欲を別にすれば、長期間にわたって政権を維持できると予測する人は決して多くなかった。

 しかし、実際には、政治上の師ともいうべき小泉純一郎元首相だけでなく、吉田茂、伊藤博文、佐藤栄作という歴史上の人物たちを抜き去り、憲政史上最長不倒の長期政権を実現することになった。

 とはいえ、安倍政権が永久に続くわけではなく、いつかは終わりを迎える。

 作曲家や画家、あるいは文学者たちは、しばしばどのように作品を生み出すかではなく、どのように作品を終わらせるかに苦闘するという。そのような悩みと同じく、行政府の長である首相にとっても、政権の幕の下ろし方は大きな問題だ。しかも、歴代の政権の「最期」を振り返れば、祝福されて任期を満了する首相だけでなく、満身創痍(まんしんそうい)の状態で退陣を余儀なくされる事例が少なくない。

 そこで、本稿では過去の事例を眺めつつ、「歴代最長政権」を実現した後の安倍首相の進むべき道を検討してみよう。

権力維持の手法は「ニコポン」

拡大桂太郎・元首相=1908年
 まず、長らく首相在任の最長期間記録を保持していたのは桂太郎についてみてみよう。

 彼は1901(明治34)年の第1次政権以来、計3回にわたって政権を担当した。「長州」、「陸軍」、「政党嫌い」という三つの点で元老の山県有朋と共通し、山県の後継者と目された桂は、陸軍軍人としての実戦の手腕は決して高くなかったものの、軍政に明るく、権力への欲求も強かった。

 桂の権力維持の手法は、「ニコポン主義」とも呼ばれた。

 明治時代の日本を支えた伊藤博文や山県、井上馨ら長州出身の元老の機嫌を取り、伊藤が創設し、西園寺公望が第2代総裁をつとめた立憲政友会と妥協しつつ難局を切り抜ける様子は、ニコニコと相手に手を差し伸べ、ポンと肩を叩く姿とあいまって、桂の代名詞となった(桂と西園寺は交互に政権を担当し、「桂園時代」と呼ばれている)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴村裕輔

鈴村裕輔(すずむら・ゆうすけ) 名城大学外国語学部准教授

1976年、東京生まれ。名城大学外国語学部准教授、法政大学国際日本学研究所客員所員。法政大学大学院国際日本学インスティテュート政治学研究科政治学専攻博士課程修了・博士(学術)。専門は比較文化。主著に『メジャーリーガーが使いきれないほどの給料をもらえるのはなぜか?』(アスペクト 2008年)、『MLBが付けた日本人選手の値段』(講談社 2005年)がある。日刊ゲンダイで「メジャーリーグ通信」、大修館書店発行『体育科教育』で「スポーツの今を知るために」を連載中。野球文化學會会長、アメリカ野球愛好会副代表、アメリカ野球学会会員。

鈴村裕輔の記事

もっと見る