メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

冷戦終結後の人口流出が招いた東欧の悲劇

ポスト冷戦時代を読む(1) 政治社会学者 クラウス・オッフェさん

三浦俊章 朝日新聞編集委員

 ベルリンの壁が崩壊してから30年。各地で記念行事が続いているが、当時の欧州をおおったバラ色の楽観主義はどこにもない。あのときは、多くの人々が社会主義体制の敗北、そしてリベラル・デモクラシーの勝利を信じた。
 しかし、ソ連型社会主義の消滅は、平和と繁栄の到来を意味しなかった。「自由化」されたはずのポーランドやハンガリーでは、権威主義的な指導者が政権を握り、法の支配を無視した統治を続けている。民主主義のモデルと思われたアメリカやイギリスさえ、ポピュリズムの嵐に見舞われている。冷戦終焉の舞台となったドイツでは、移民排斥の右派政党「ドイツのための選択肢」が連邦議会に議席を得て、歴史の見直しを迫る。
 我々はどこで間違ったのだろうか。この30年間に起こったことは何だったのか。ヒントを求めて、歴史の潮流を見つめてきた3人の識者にインタビューした。1回目は、マルクス主義の影響を受けたフランクフルト学派の論客、クラウス・オッフェ独ヘルティ公共政策大学院教授に聞いた。(朝日新聞編集委員・三浦俊章)

拡大インタビューにこたえるクラウス・オッフェ独ヘルティ公共政策大学院教授

クラウス・オッフェ 独ヘルティ公共政策大学院教授
1940年生まれ。著名な社会学者ユルゲン・ハーバーマスの助手を長く務めた。政治社会学者。民主主義と資本主義の関係をテーマに研究。邦訳された著書に『アメリカの省察 トクヴィル・ウェーバー・アドルノ』など(法政大学出版局)

2人の娘を自動車に乗せてベルリンへ

――30年前、ベルリンの壁が開放されたとき、何をされていましたか。

 1989年11月9日に壁が開放されたとき、私は西ドイツのブレーメン大学で教えていました。ニュースを聞くと、2人の娘を自動車に乗せてベルリンに向かいました。自分の目で、歴史的事件を確かめたかったのです。

 その翌日、ベルリンの壁に一枚の紙が貼り付けてありました。東側のだれかが風刺詩を書いたのです。その詩は、「通貨統一が行われて、(当時の西ドイツの通貨)マルクがやってくれば、東側の経済は崩壊するだろう。そうしたら、東ドイツにはつらい時代が来る」と予言した内容でした。東側世界が直面する運命を予知するような、鋭い風刺詩でした。私自身は、かなり早い時点から、壁の崩壊がもたらすものについては、懐疑的だったと思います。

――なぜこんなことになったのでしょうか。

 壁の崩壊後、東西ヨーロッパの社会経済の発展の度合いを比べると、かえってギャップは広がった。東ヨーロッパの現状を理解するには、デモグラフィー(人口統計学)の視点が欠かせません。ひとつは、技能を持つ労働力が大量に西側に流出したこと。2番目には、その結果、高齢化少子化が進んだこと。3番目には、数の上では男性よりも女性が西側に移ったので、男女比のバランスが崩れてしまったことです。

 専門職の流出が著しい。医者がそうです。バルト3国やポーランドの医者がドイツに来ました。特にルーマニアの医療事情はひどいことになっている。残っている人は不安がつのります。空いた所には、今度はシリアなど中東からの医者が流入してきました。それが、他民族に自分の国が占拠されるのではないかという、民族主義的な恐怖心を生んでいる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

三浦俊章

三浦俊章(みうら・としあき) 朝日新聞編集委員

朝日新聞ワシントン特派員、テレビ朝日系列「報道ステーション」コメンテーター、日曜版GLOBE編集長などを経て、2014年から現職。

三浦俊章の記事

もっと見る