メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

木内みどりさんが急死された

[164]筑紫哲也邸、下関・安倍晋三事務所、死刑廃止全国合宿in沖縄……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

11月12日(火) 午前中、局で「報道特集」の定例会議。大学入学共通テストと「桜を見る会」ネタの両にらみ。

 映画『ひとよ』で、配給のところのエンドロールに旧「筑紫哲也NEWS23」時代のADさんだったMの名前があって、何だか嬉しくなって本人に電話をした。イオンエンターテイメントは映画『新聞記者』にも出資していた。

 15時半から毎年恒例の筑紫邸の集い。命日に近い日に旧『筑紫哲也NEWS23』の元スタッフたちが三々五々集まって焼香する。僕が行った時刻には12人が来ていた。一番よかったのはMさんが娘さんを連れてきていたこと。直接顔をあわせたのは初めて。おとなしい聞き分けのいい娘さんだった。筑紫さんが逝ってからもう11年。その後のスタッフたちもそれぞれに運命を乗り越えてここまで来た。ちょっと大袈裟か。

筑紫哲也さん 東京・赤坂のTBSで=1999年拡大「筑紫哲也NEWS23」時代の筑紫哲也さん=1999年

 僕は早々と辞去し、局で毎日新聞のコラム原稿を書く。テーマは皇室報道をめぐって。夜6時前から、筑紫さんへの献杯をいいことに、旧スタッフ4人と痛飲。それぞれ皆、歳をとったなあ。気を許せる相手なので、あまりに飲み過ぎて、その後に新宿のエスパに行った頃には記憶をなくしていた。さらにもう1軒徘徊していた。そのあたりはほとんど記憶がない。何やってんだか。「いい加減にしろ」という誰かの声が聞こえてくる。

11月13日(水) アルコールを抜くために、這うようにして、朝、プールへ行き泳ぐ。からだが重く、いつもの半分でギブアップ。

 「桜を見る会」の情報収集。各界の功労者を招待というが、いまや文化庁やスポーツ庁などは出る幕がなく、官邸でほとんど決めてしまっているのだという。芸能人枠については皆、口がかたい。今週の特集は「桜を見る会」でやることになった。

 夕方から早稲田のマスター・コースの経過発表会。関わっている教え子たちが多かったので、全員分聴いた。みんなそれぞれ頑張っている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る