メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

冷戦後の世界でなぜ民主主義への失望が渦巻くのか

ポスト冷戦時代を読む(2)「現代史フォーラム」館長 ユルゲン・ライヒェさん

三浦俊章 朝日新聞編集委員

 1989年の東欧革命でソ連型社会主義体制が崩壊したとき、西側世界のリーダーたちの多くは、これはデモクラシーと市場経済の勝利だと確信した。それがどうだろう。今日では、東欧諸国では、民族ナショナリズムをあおり、自由な言論に介入する指導者が国民の高い支持を得ている。ドイツでさえも、右派政党「ドイツのための選択肢」が躍進している。30年前の「革命」とは何だったのか。あのとき、ベルリンの壁崩壊への導火線となる大規模な民主化デモが行われたライプチヒを訪ねた。市の中心部にある歴史博物館「現代史フォーラム」のユルゲン・ライヒェ館長に、東ドイツでその後何があったのかを聞いた。旧東ドイツ生まれのライヒェ氏は、2015年に館長に就任後、3年がかりで常設展示を大幅に拡張した。

拡大ベルリンの壁崩壊後の世界について語る歴史博物館「現代史フォーラム」のユルゲン・ライヒェ館長(野島淳撮影)

豊かにはなったが政治家には距離感

――この博物館は以前、1989年の壁崩壊に至る道のりに焦点を当てていました。現在は、89年以後の展示にも力を入れています。リノベーションのねらいは何でしょうか。

 この数年、旧東ドイツに住む人々は、89年以前のことよりも、89年以後の出来事について議論するようになりました。今日の問題は、社会主義体制が崩壊したあとの移行期の産物ではないかと考えているのです。私自身は、89年以前と89年以後と、その両方が現在に影響を与えていると思うので、その両面を、ポピュリスト的でないやり方で、要するに合理的に事実に基づく議論ができる材料を提供しようと考えたのです。この博物館では、市民との対話を重んじていて、毎週なんらかの討論会を催しています。

――市民との対話からどういうことがわかりますか。

 人々は前より豊かになりましたが、政治家に距離感を感じています。政治家が自分たちの声を聞いていないという怒りです。これは、以前の旧東ドイツ時代の独裁者について人々が抱いた不満ですが、当時は声をあげることができなかった。いまはデモクラシーだから、何でも口に出すことができる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

三浦俊章

三浦俊章(みうら・としあき) 朝日新聞編集委員

朝日新聞ワシントン特派員、テレビ朝日系列「報道ステーション」コメンテーター、日曜版GLOBE編集長などを経て、2014年から現職。

三浦俊章の記事

もっと見る