メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

突出して「強運の人」だった中曽根元首相

長寿に恵まれ、時代の転換期に表舞台に立ち、自民党の党内事情も追い風に

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

 中曽根康弘元首相が101歳という長寿を全うして鬼籍に入った。しかも、今までただ生きていたわけではない。最期まで一定の政治的影響力を維持し、行使したのだから、稀有の政治家といっていい。

 2003年、86歳の時、小泉純一郎首相(当時)に引退を勧告され、不承不承それに従った。そのときの思いを、自ら詠んだ「暮れてなほ 命の限り 蟬しぐれ」の一句にこめた。そして、引退後もこの句のとおり、最後の最後まで鳴き続けた。

 死ぬまで国会に在職するつもりだったのだから、引退勧告を受けたことはさぞや無念だったであろう。記者会見では、子どものように取り乱している印象を受けた。中曽根氏を引退に追い込むといった“暴挙”は、小泉氏の他には誰もできなかったろう。

拡大中曽根康弘氏の遺影に手を合わせる人たち=2019年11月30日、群馬県高崎市の青雲塾

自民党綱領改定と中曽根首相

 私は政治家として、宮沢喜一元首相の近くにいのたで、中曽根氏とは距離があった。私の初当選は中曽根政権のときだが、その際、同期会の集まりで首相の中曽根さんと言葉を交わしたのが、いま考えてみると、面と向かって話をした唯一の機会だった。

 ただ、中曽根さんとは今も忘れられない“接点”がある。それは昭和60(1985)年のことだ。

 この年は自民党の結党30周年にあたっていた。当選1回の衆院議員であった私は、思い切って当時の金丸信幹事長に30周年を機に自民党の新綱領を採択するよう提案した。一介の若手議員の提案にもかかわらず、金丸幹事長はそれを快諾して、綱領の改定委員会の設置を党内に指示。言い出しっぺということで私も委員の一人に選ばれ、なんと起草のすべてを任された。

 私の草案は無修正のまま委員会を通ったが、その後、憲法改正についての部分をめぐり、院外の右派勢力を巻き込んだ一大騒動となった。

 草案では憲法改正について、「憲法を尊重する」を前面に出し、「絶えず厳しく憲法を見直す努力を続ける」としていた。最終局面で、委員会の事務局長だった海部俊樹氏(後に首相になる)が私の議員宿舎を訪ねてきて、「天の声」を勘案してくれと言ってきた。そのとき、「鶴の一声」という言葉も使ったから、中曽根・自民党総裁の修正希望箇所を伝えてきたのは明らかだった。

 結局、憲法改正に関するくだりは、自民党の政調会などで大きく手直しされるのだが、海部氏が伝えた三、四点の指摘箇所に、憲法改正のくだりはなかった。私の草案は憲法改正を否定するものではない。ただ、現行憲法を尊重すべきであることは強調した。その辺りのところを、中曽根総裁は理解してくれたと思い、うれしかったのを覚えている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

田中秀征の記事

もっと見る