メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

消化不良の臨時国会。安倍首相の責任と野党の弱さ

説明責任を果たさない首相。内閣不信任案を出せない野党。国民の不信は高まるばかり

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

「国民に理解されていない」と菅官房長官

拡大記者会見で記者を指名する菅義偉官房長官=2019年12月9日、首相官邸
 折から、JNNの世論調査の結果が永田町に衝撃を与えた。

 それによると、安倍内閣の支持率が前月から5.2ポイント下がって49.1%になり、5割を割った。逆に不支持率は5.3ポイント上がって47.7%となった。「桜を見る会」に安倍首相が地元の支援者を招待したことについて、69%が「問題だと思う」と回答、「思わない」は25%にとどまった。また、この件での安倍首相の説明に「納得していない」は72%に達し、「納得している」は15%しかなかった。

 この結果に、いつもは強気の菅義偉官房長官も9日の記者会見で、「残念ながら、国民に理解されていない」と認めるに至った。

 そもそも証拠を隠滅するかのような“名簿の破棄”というとんでもない政府の対応を、世論が許すことはありえない。行政に対する国民の信頼は地に墜(お)ちつつある。「日米貿易協定などもっと大事な問題がある」という居直ったような論調も、かえって“世論の怒り”を買うかたちとなり、内閣支持率の低落につながっているように見える。

 政治に対する信頼の回復こそがすべてに優先するということを、一般国民は知っているのである。

辞任閣僚より重い首相の説明責任

 ①総理大臣が、②多数の自分の支持者を、③税金を使って、④もてなした。それが、「桜を見る会」に関する一般的な認識だ。

 これが“不当な認識”だというのなら、

・・・ログインして読む
(残り:約1135文字/本文:約2413文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

田中秀征の記事

もっと見る