メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

中村哲医師は正しかった。衝撃の米国アフガン記録

「自衛隊派遣は、当地の事情を考えると有害無益です」と断言した姿に感動した日

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

9・11への復讐戦だったアフガニスタン攻撃

 アフガニスタンでの軍事作戦の引き金となった、いわゆる9・11同時多発テロが起きたのは2001年9月だった。アメリカ全土に高まった“愛国心”を背景に、ブッシュ政権はそれから1カ月もたたない10月7日に、アフガニスタンへの空爆を開始した。

 テロの首班はアルカイダの指導者オサマ・ビンラディンであると断定したうえで、その彼をアフガニスタンのタリバン政権がかくまっているというのが、空爆の理由だった。

 ブッシュ大統領は当時、この戦争を「自衛戦争」であると言明した。ただ、アメリカの世論を考えると、実態は“復讐戦争”といったほうが当を得ているかもしれない。

 口が滑ったのか、ブッシュ大統領は「十字軍だ」とまで言ったが、さすがにこの表現は不適切だと周囲から指摘され、撤回された。仮に十字軍だとすれば、キリスト教徒によるイスラム教徒(ムスリム)に対する全面戦争というかたちになり、ことが重大になりすぎるからだ。

 とはいえ、撤回はしたものの、アフガニスタンへの軍隊派遣は「十字軍」であるという意識が、キリスト教福音派から強い支持を受ける大統領のホンネだと受け止める人が多かった。

自衛隊派遣は有害無益と断言した中村医師

拡大スライドを使ってアフガニスタンでの活動を説明する中村哲医師=2001年11月16日、神奈川県鎌倉市小町
 アメリカから有志連合に加わり、対テロ戦に協力するよう求められた日本の外務省は大いに慌てた。当時は小泉純一郎政権。4月に圧倒的な世論の支持を受けて発足してから半年であった。

 そうしたなか、10月13日の衆院テロ防止特別委員会に参考人として呼ばれたNGO「ペシャワール会」の現地代表である中村哲医師が、断固とした意見を述べた。その姿をテレビのニュースで視(み)たときの感動を、私はいまも忘れない。

 アフガニスタンで飢餓に苦しむ人びとを救う活動を続けていた中村医師は、日本政府で検討されていた自衛隊派遣などのアフガニスタン支援について、こう断言した。

・・・ログインして読む
(残り:約1148文字/本文:約2640文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

田中秀征の記事

もっと見る