メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「改革の政治」が産み落とした鬼子としての維新

平成政治を問い直す【6】「政治主導」から独裁の肯定へ

大井赤亥 東京大学非常勤講師(政治学)

橋下徹の登場

 2009年に民主党への政権交代が起こると、強いリーダーシップによって行政機構の縮小再編成を断行する「改革保守」の趨勢は、いびつな形で関西へ移る。それが橋下徹による大阪維新であり、橋下旋風はいわば「改革の政治」の第四波であった。

 2008年の大阪府知事選では、現職太田房江の不出馬を受け、自民党は当時38歳、テレビ番組『行列ができる法律相談所』で「茶髪とジーンズの弁護士」として知名度があった橋下徹に出馬を依頼し、橋下は自民党推薦で当選を果たす。

 以降、橋下は2008年から11年まで大阪府知事、11年から15年まで大阪市長を歴任し、一連の橋下政治が開始された。

拡大初めての大阪府知事選に臨んだ橋下徹氏=2008年1月20日、大阪市中央区

 出馬会見では「子どもが笑う大阪」をスローガンにした橋下であったが、その府政の基本思想は自治体経営と企業経営とを同一視する「政治への経営感覚の導入」であった。

 上山信一によれば、「企業であれ行政であれ、改革の第一歩は無駄な出費を止めること」であり、行政改革の場合には「人件費の見直し」が不可欠だという。そして橋下は「経営の原点はコスト削減」という鉄則を理解しており、上山は「この人は若いけれど、稀に見る一流の経営者だ」(注1)と感じたという。

 果たして、府知事就任初日、橋下は職員を前に「皆さんは破産会社の従業員でボーナスゼロはあたりまえ」と宣言し、職員の人件費削減や府有施設の売却に乗りだしていく。

 横須賀を地盤とする小泉純一郎、神奈川県の都市部自治体を基盤とした中田宏や松沢成文らが都会的でスマートな「改革保守」であったのに対し、大阪で登場した橋下徹はラディカルでやくざ風の「改革保守」であったといえよう。二宮厚美の言葉を借りれば、「現代日本の新自由主義の妖怪は、この荒々しいばかりのハングリー精神と競争心に満ちたバーバリアン的体質に着眼して、橋下に呪いついた」(注2)のであった。

(注1)上山信一『大阪維新』角川SSC新書、2010年、132-133頁。
(注2)二宮厚美『新自由主義からの脱出』新日本出版社、2012年、317頁。

社会運動としての大阪維新

 橋下政治の特徴は、路上の民衆の不満や怒りを吸いとり、メディアを駆使して世論を焚きつけ、敵対勢力との論争を沸騰させ、有権者の政治的関心の高揚を自らの加点要素とするダイナミックな運動的要素である。

 橋下は2010年4月に大阪維新の会を結成。維新の会は、大阪都構想という大義とともに「大阪の都市のあり方を大きく変えていく社会運動」(上山信一)を自力創出するものであった。

 維新の運動的性格は、2011年の府市ダブル選挙に如実に現れている。橋下は大阪都構想をめぐって平松市長と対立すると、2011年11月、平松を追い落とすために自らが大阪市長選に出馬、府知事選には懐刀の松井一郎をあてるという前代未聞のダブル選挙を仕掛ける。

 ダブル選挙での維新は、大阪都構想、教育基本条例、職員基本条例の三点セットを掲げ、有権者からの全権委任を要求する。

 これに対して、既成政党は自民党大阪府連から共産党まで立場の違いを超えて反橋下の布陣を形成。この反橋下包囲網の構築は、あまりに急激かつ野蛮に統治制度再編を強行する橋下型の「改革保守」に対して、大阪地場の「守旧保守」と左派とが一時的に連携したものといえる。

 しかし、維新はむしろそのような対決を養分とするように、市長には橋下、府知事には松井が大差で当選し、大阪府市のいずれをも維新が獲得することになった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大井赤亥

大井赤亥(おおい・あかい) 東京大学非常勤講師(政治学)

1980年、東京都生まれ、広島市育ち。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。現在、東京大学の他、法政大学、成城大学、昭和女子大学、東京理科大学で講師を務める。著書に『ハロルド・ラスキの政治学』(東京大学出版会)、共著書に『戦後思想の再審判』(法律文化社)など。

大井赤亥の記事

もっと見る