メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

2020年 野党の課題/下

地域に根差し、風に左右されない陣地を築け

木下ちがや 政治学者

2020年 野党の課題/上

単なる数合わせではない三党合流

 昨年11月29日に投開票された高知県知事選は、共産党系無所属候補の松本けんじの応援に全野党の党首・幹部が駆け付けるという異例の選挙になった。松本は敗北したものの、間をおかず12月5日に都内で慰労会が開催され、全野党の党首クラスが参加し、さらなる結束を確認している。

拡大高知県知事選挙の決起集会であいさつする野党統一候補の松本顕治氏。壇上には中村喜四郎氏、平野貞夫氏など保守系の野党重鎮も並んだ=2019年11月2日、高知市

 高知県知事選に全野党幹部を集め、慰労会を企画した立役者は、この間、野党のなかで急速に存在感を増している中村喜四郎である。中村は高知県知事選についてこう述べている。

 「今度、高知の県知事選で約6万2千票の差ができたけど、オール野党で戦っていったら、自民党は慌てた。戦ってくれば、慌てるに決まっているんですよ。何万票差つけたって、戦ってくるのは怖いんですよ。今度ひっくり返されるかもしれないと。当然そう思いますよ」(注3)

 中村喜四郎は、かつては仇敵だった日本共産党の候補を全力で支えることで、政権与党に対して「真剣に戦う姿」をみせつけたのである。安倍総理が漏らした「この一点」に全力を注ぐことで、立・国・社三党の合流を促進していくという、前例のない方程式を解くことに挑んでいるのだ。

 事実、これ以降の合流プロセスは、共産党との連携・対話の強化と並行してすすんでいる。12月15日には立憲民主党枝野代表と共産党志位委員長が会談し、衆院選の協力で一致、12月20日には国民民主党玉木代表と志位委員長がYouTube「たまきちゃんねる」に共演し、政権交代での協力を確認した(社民党又市代表と志位委員長は10月に会談し、協力合意をしている)。

 2016年参院選から、共産党をふくむ「野党共闘」ははじまった。しかしこれまでは、民進党、あるいは立憲民主党や国民民主党が、選挙のときに共産党と最終的に候補者を調整するだけのものだった。しかし今進行しているプロセスは、単なる「数合わせ」ではなく、「共産党の潜在力を最大限発揮できるような立・国・社三党の合流」を目指しているように思われる。

(注3) 中村喜四郎インタビュー『野党共闘で保革伯仲を/上』、47NEWS 2019年12月24日

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

木下ちがや

木下ちがや(きのした・ちがや) 政治学者

1971年徳島県生まれ。一橋大学社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。現在、工学院大学非常勤講師、明治学院大学国際平和研究所研究員。著書に『「社会を変えよう」といわれたら」(大月書店)、『ポピュリズムと「民意」の政治学』(大月書店)、『国家と治安』(青土社)、訳書にD.グレーバー『デモクラシー・プロジェクト』(航思社)、N.チョムスキー『チョムスキーの「アナキズム論」』(明石書店)ほか。