メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ゴーン氏の「クリスマスに一人」発言と人権の本質

「持てる人」と「持たざる人」、個別に「人権」を設定することは可能か?

米山隆一 前新潟県知事。弁護士・医学博士

拡大日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告=2020年1月10日、レバノン・ベイルート

 日産のカルロス・ゴーン前会長の衝撃的な逃亡事件の後、日本の司法制度のあり方や、ゴーン氏自身、そして刑事被疑者・被告人に対する議論が様々になされています。

ゴーン氏の会見発言めぐりSNSで盛り上がり

拡大会見で資料を示す日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告=2020年1月8日、レバノン・ベイルート
 そのなかで、1月8日にゴーン氏自身がレバノンのベイルートで記者会見を行い、
「私は無期限で独房に拘束された。何度か保釈を申請したが却下された。クリスマスも新年の休暇も一人で過ごした。6週間も家族に会えなかった。家族との接触は弁護士からガラス越しに見せられた手紙だけだった。1日8時間以上も弁護士なしで尋問を受けた。何の容疑に問われているのかもまったく分からず、証拠に接することもできなかった。人権と尊厳を損なわれた」
と主張したところ(デジタル毎日2020年1月9日)、これを産経新聞系列のスポーツ新聞であるサンスポが、
「『クリスマスも新年も1人だった。私の人権と尊厳を奪われる事態だった。…』と語った」と報じた(サンスポコム2020年1月8日)ことから、芸能人がテレビ番組でネガティブなコメントをしたほか(スポニチアネックス2020年1月9日)、SNS等で「私の人権も侵害されていたんだ!」といったコメントが多数出て、ちょっとした盛り上がりを見せています。

 ちなみにこちらの
――【悲報】ワイ、知らぬ間に人権と尊厳が奪われる事態だった模様
というツイートは1月12日時点で3.3万リツイート、9万「いいね」と、完全に「バズった」状態で、これに対して、
――面白いです。あえて真面目に解説するとですね、人は「自分の好きな人と過ごすことを『妨げられない』権利」があるのであって、「妨げる対象がいない」人の人権と尊厳は如何に強大な国家権力をもってしても奪えません。持たざる者は最強であるということでしょうか、ええ。
とコメントした私のツイートも、1月12日時点で397リツイート、1050「いいね」と、元ツイートに比べてふた桁ほど小さいながら「プチバズり」な状況となっています。

 もともとが産経新聞系列のスポーツ新聞であるサンスポが、偶然か意図的か、ゴーン氏の実際の発言からは大分ニュアンスが異なるものに「要約」して報じたことに端を発したものであるうえ、それぞれSNSで「半分冗談」としてなされている個々人の発言ではあるのですが、実のところ、この議論は期せずして「人権」というものの本質をついていると思いますので、本稿ではその点について論じたいと思います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

米山隆一

米山隆一(よねやま・りゅういち) 前新潟県知事。弁護士・医学博士

1967年生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学系研究科単位取得退学 (2003年医学博士)。独立行政法人放射線医学総合研究所勤務 、ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院研究員、 東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師、最高裁判所司法修習生、医療法人社団太陽会理事長などを経て、2016年に新潟県知事選に当選。18年4月までつとめる。2012年から弁護士法人おおたか総合法律事務所代表弁護士。

米山隆一の記事

もっと見る