メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

世界秩序をもたらしたアメリカの過去・現在・未来

「ベルトウェイの外」オハイオ州から見るアメリカと世界史とのかかわり(下)

梅原季哉 朝日新聞論説委員(国際社説担当)

拡大ホワイトハウスで記者からの質問に答えるトランプ大統領=2020年1月13日、ワシントン、ランハム裕子撮影

 前回(「ベルトウェイの外」オハイオ州から見るアメリカと世界史とのかかわり(上)」は、孤立主義と国際的な関与の間で揺れてきたアメリカの歴史をひもときつつ、100年前の1920年、オハイオ州からホワイトハウスへと駆け上がったウォーレン・ハーディングの政権と現在のトランプ政権を比べました。

 一見、似ているように思える二つの政権ですが、トランプ流の「一国主義」は、ハーディングが掲げたような従来の孤立主義的な傾向と比べると、多国間協力の価値や、国際社会に関与することそのものに否定的な姿勢が際立つ点で異なっている、という指摘は重要だと思います。

 ただし、歴史を振り返ると、アメリカの世界への関与がもたらしたものは、プラスの側面ばかりではありません。ハーディングの大統領選からわずか四半世紀後の1945年には、第2次世界大戦の最終盤に広島・長崎に原爆を落とし、「核時代」の扉を開けてしまいました。

 そしてオハイオ州は、実はその点でもゆかりがある土地なのです。

航空機産業の草分けの地

拡大オハイオ州
 原爆製造のマンハッタン計画で、起爆剤として使われたポロニウムは、オハイオ州デイトンの化学会社に設けられた秘密工場で生成されました。

 また、人類初の飛行機をつくったライト兄弟はデイトンの出身で、初飛行こそノースカロライナ州の砂丘で成功させたものの、その後のライト社としての航空機製造は、デイトンの工場を拠点としました。アメリカの航空産業にとって草分けの地であり、それはデイトン近郊に国立空軍博物館が立地していることにも反映しています。

 そして、この博物館に長崎に原爆を投下したB29「ボックス・カー」の実物が保存されているのです。

 30年以上前、私は長崎で記者として働き始めました。そこで、いわゆる原爆担当として、被爆者の皆さんから被爆の実相にふれる体験談を聞いたことが、国際報道に携わるようになって以降も、今に至るまでずっと心に残っている「原体験」です。

 オハイオ州まで来たからには、あの原爆を落としたB29の実物をこの目で見よう。そう思い立ち、マリオンから車で南西へ2時間、デイトンに向かいました。

拡大巨大な格納庫を使った博物館の中でB29「ボックス・カー」のジュラルミンの機体はひときわ目立つ

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

梅原季哉

梅原季哉(うめはら・としや) 朝日新聞論説委員(国際社説担当)

1964年生まれ。国際基督教大学(ICU)教養学部卒。93~94年、ジョージタウン大学外交学部MSFSフェロー。88年朝日新聞入社。長崎支局、西部社会部などを経て、ブリュッセル、ウィーン、ワシントン、ロンドンの特派員や、東京本社編集局長補佐を務めた。著書に『ポーランドに殉じた禅僧 梅田良忠』(平凡社)、『戦火のサラエボ100年史』(朝日選書)。

梅原季哉の記事

もっと見る