メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日本譲歩案に驚き 「日ソ交渉録」取材放浪記

三木元首相所蔵の「56年宣言」交渉秘密文書が母校の明治大学に

藤田直央 朝日新聞編集委員(日本政治、外交、安全保障)

1ページ目で「おや?」

 後日公開されたPDFの目録を開くと、計573ページ……圧倒される思いだったが、1ページ目にいきなり「おや?」と思うタイトルがあった。

 「日ソ交渉会談録(昭和三十一年九月-十月 於東京及びモスクワ) 1957年7月 欧亜局第3課」

拡大三木文書(丸善雄松堂「オンライン版 三木武夫関係資料」)の件名目録1ページ目。中ほどに「日ソ交渉会談録」とある
 「昭和三十一年」、つまり1956年の10月といえば、1年5カ月にわたる日ソ国交正常化交渉が決着し56年宣言が調印された時だ。そこに至る大詰めの「会談録」を、翌年に外務省のソ連担当課がまとめたものということになる。詳細な会談録であれば、すごい資料だ。

 なぜなら、外務省には「作成から30年経った文書は公開」という原則はあれど、より上位に「継続中の交渉に関する過去の記録は非公開」という大原則があるからだ。56年宣言で北方領土問題が片付かず、それを日本が解決しようとする平和条約締結の交渉が今も続く中、外務省は決着した56年宣言の交渉もこの大原則にあたるとして、今も詳細を明かさない。

・・・ログインして読む
(残り:約6812文字/本文:約8173文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤田直央

藤田直央(ふじた・なおたか) 朝日新聞編集委員(日本政治、外交、安全保障)

1972年生まれ。京都大学法学部卒。朝日新聞で主に政治部に所属。米ハーバード大学客員研究員、那覇総局員、外交・防衛担当キャップなどを経て2019年から現職。著書に北朝鮮問題での『エスカレーション』(岩波書店)、日独で取材した『ナショナリズムを陶冶する』(朝日新聞出版)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤田直央の記事

もっと見る